鍼灸も医療費控除の対象です

fa6c3ac3efa278ec646810fb19788f50_s

明後日の2月16日(木)から確定申告が始まります。
さて、確定申告といえば昨年の所得の申告をしますが、鍼灸院で治療を受けている方々も少し関係が出てきます。

それが、医療費控除というものです。

ご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、年間の医療費が10万を超えた場合は、医療費控除の申請をすることにより、気持ち程度ですがお金が戻ってきます。
鍼灸治療もこの医療費控除の対象になっているため、治療を受ける際は必ず領収証を貰い、しっかりと保管しておくようにしましょう。

なお美容鍼などの「美容を目的とした鍼治療」は控除の対象外となります。

Share

関連記事

少食で健康になる

皆さんは1日にどのぐらいの食事を摂っていますか? 食べ過ぎてしまうことはありませんか? ついつい食べ過ぎてしまうことは誰にでもあると思いますが、毎日・毎食お腹一杯になるまで食べてしまうのはやはり身体にとっては良くありませ[…]

[» 続きを見る]

東洋医学の考え方

東洋医学の考え方は非常に独特なため、一般の方にはなかなか難しい部分があり、鍼灸師でさえ敬遠される方が多いのです。 そのため、東洋医学の考え方を身近なもので例えてみました。 東洋医学で治療を行う際にはまずはその方の生活習慣[…]

[» 続きを見る]

エアコンを付けると出てくる喘息症状【エアコンのカビが原因かも?】

エアコンを使う時期になると咳喘息の症状が酷くなったり、または謎の体調不良になることはありませんか? もしそうなら、喘息や咳が酷くなる原因はエアコン内部のカビが原因かもしれません。 今回はエアコンのカビと喘息症状についてや[…]

[» 続きを見る]

「夏バテ」のセルフケア

お盆が終わりましたが楽しめましたか? 毎年のことですが、帰省ラッシュに会い逆に疲れたなんて方もいらっしゃるかもしれませんね。 さて、前回に続いて夏バテに関してですが、前回は東洋医学では夏バテをどのように考えるのかをお伝え[…]

[» 続きを見る]

便秘の症例

20代 女性 就職を期に一人暮らしをはじめた途端に便秘になる。 仕事のストレスもあったが、それ以上に自宅のユニットバスに抵抗があり、トイレは我慢してコンビニや職場でするようになる。 就職するまでは毎日出ていたが、旅行など[…]

[» 続きを見る]