花粉症の方でもすぐ実践可能な簡単鼻づまり解消法

こんにちは。
元花粉症持ちの蓬祥鍼灸院 長谷川です。
そろそろ名古屋でも花粉の飛散し始めているため、本日は花粉症関連のお話です。
今回は花粉症の方の多くが悩んでいるであろう鼻づまりを簡単に解消する方法をお伝えいたします。この方法は花粉症で鼻が詰まっている方でも、なんでか分からないが鼻が詰まっている方でも一定の効果がありますのでお試しください。

花粉症の方でもすぐに実践可能!鼻づまりを解消する方法

鼻づまりはやっぱり不快な症状上の一つになりますが、花粉症の方は常にこの不快な症状と戦わなければいけません。鼻づまりを解消する方法としては思いっきり鼻をかんだり、汚い話ですが、鼻をほじるなどがありますが、これはどちらもお勧めはできません。

・思いっきり鼻をかむ→中耳炎になる可能性あり
・鼻をほじる→鼻血が出る可能性あり

じゃあ、どすれば鼻づまりが改善するかというと、身近にあるちょっとした物をしようしたり、ある体勢をとるだけで意外と簡単に鼻づまりを解消することができます。

鼻詰まりを解消する方法

鼻づまりを解消する方法は2つありますが、どちらも理論としては同じになりますので、やりやすい方もしくはご自身にとって効果が出やすい方を行ってください。

ペットボトル

①ペットボトルを使用する方法
右の鼻が詰まっている場合は左の脇にペットボトルを挟んで、脇を圧迫してください。
左の鼻の場合は逆です。
両方という方は両脇で。
脇にペットボトルを挟んだ状態で数分経過すれば鼻詰まりは解消してくるはずです。

横向きで寝転がる女性

②ペットボトルを使用しない方法
左の鼻が詰まっている方は右半身を下にして寝てください。
右の鼻が詰まっている場合は左を下にして寝てください。
この状態で数分もすれば鼻づまりは解消するはずです。ちなにみ私の場合ですと、ペットボトルを使用する方法よりもこちらの方が効果があるため、「ちょっと鼻が詰まってるな」と感じたら、この体勢をとるようにしています。

鼻づまりを解消するポイントは「脇」にあり

先ほどご紹介した方法はどちらも「脇」を圧迫することで体にある変化が起きるために鼻詰まりを解消することができる方法になります。これは「圧発汗反射」という体の反射機能を利用した鼻づまり解消法になります。

花粉症の場合は鼻の粘膜が炎症を起し、毛細血管が拡張することにより鼻づまりが起きますが、この反射を利用すると「体の右側に圧迫を加えると、体の左側の交感神経が刺激され毛細血管が収縮する」という反応が起こることにより鼻詰まりが解消されます。
そのため、ペットボトルがなくても横向きに寝ているだけでも効果はあるということになります。
ただ、仕事中などはさすがに横になることはできないため、デスクワークをしている際などにはペットボトルを使用することをお勧めします。

鼻づまりの原因によっては効果は得られないことあり

鼻づまりにも色々な原因がありますが、この方法は鼻の中の粘膜が炎症を起こしている場合に効果があります。そのため、鼻水がたまっている、鼻の軟骨の変形、鼻茸などが原因で鼻づまりが起きている場合は効果が得られません。

鼻づまりには鍼灸治療も効果的

ご紹介した鼻づまり解消法は言ってしまえば対処療法になります。鍼灸治療でも鼻の周りに鍼を刺すことによって鼻づまりを解消することはできますが、こういった治療の仕方も実は対処療法になります。
当院の鍼灸治療では基本的には患部に鍼を刺すことはしておりませんが、花粉症を引き起こしている体質を東洋医学的に分析していくことにより鼻づまりを解消するだけではなく、花粉症そのものを改善していく治療を行っております。
中には1度の治療で花粉症が劇的に良くなる方もいらっしゃいますが、多くの方は継続していくことで改善していきますので、花粉症をしっかりと改善したい言う方はご相談ください。

Share

関連記事

恐がらなくても大丈夫です

鍼灸治療というと体にたくさん刺されるというイメージを持たれる方が多いかと思います。 鍼灸治療を経験されていない方ですと たくさん刺される=痛い思いをする可能性がそれだけ多い。 このような方程式が成り立ってしまうかもしれま[…]

[» 続きを見る]

ヒーリングミュージックの効果

ヒーリングミュージックとは心理的な安心感を与えたり、気持ちをリラックスさせる効果のある音楽のことで、波の音や小川のの流れる音、小鳥の泣き声などが代表的になります。 このヒーリングミュージックには「癒し」の効果があり、聴く[…]

[» 続きを見る]

筋トレでアンチエイジング

人は誰でも実年齢よりも若く見られたいものです。女性であればなおさらそう思われると思います。 アンチエイジングの方法も多種多様であり、食べ物に気をつける、化粧品、エステなどがありますが、10年ほど前からは美容鍼が注目されて[…]

[» 続きを見る]

うつ病だと思ったら実は認知症だった

以前うつ病ということで当院へ来院されていた方のお話です。 仕事の激務により病院にてうつ病と診断され服薬にて治療を行っていたが、なかなか改善されないために鍼灸治療を希望されて当院へ来院されましたが、お話を聞いていると「うつ[…]

[» 続きを見る]

デスクワークによる肩こりや腰痛

現代病ともいえる日本人のデスクワークによる肩こりや腰痛。 人間というのは同一姿勢でいることは意外とストレスになることはあまり知られていません。立っている時で考えていただくと分かりやすいのですが、必ずどちらかの足に体重をか[…]

[» 続きを見る]