鍼灸治療の受領率

日本においての鍼灸治療の年間受領率(一年間に鍼灸治療を受けた事がある)が3%という非常に低くなっている。
生涯受領率(一生のうちに鍼灸を受けたことがある)に関しても20~30%と低くなっている。

数年前は年間受領率は5~7%と低い数字に変わりはないが、ここへきてさらに低下している。
年間の受領率ということなので、未経験の方もいれば治療したことにより良くなり、以後受けていない方もいれば、嫌な思いや効果を感じられなかったために治療を受けなくなってしまったという方もいるはずです。

個人的に年間受領率の低下には学校乱立による鍼灸師の質の低下、景気の問題、患者さんが1回の治療に劇的な効果を求めすぎることなどが考えられます。

中でも鍼灸師の質の低下は大問題でしょう。
事故を起してしまえば多くの方は2度と鍼灸治療を受けようとは思わなくなるはずです。

鍼灸治療の普及のために何かしなければ・・・

Share

関連記事

更年期障害 56歳 女性

主訴:更年期障害によるさまざまな症状・肩こり・腰痛 2年ほど前から更年期障害とみられるさまざまな症状が現れ、症状は疲れやすさ・倦怠感・手足の冷え・お腹の張り・むくみ・抑うつ感・体が重だるい・胃もたれしやすい・胃痛・頭痛・[…]

[» 続きを見る]

背中の湿疹の症例

こんにちは。 名古屋の体質改善請負人こと、蓬祥鍼灸院の長谷川です。 久しぶりの症例報告になります。 今回は30代女性の背中の湿疹です。 写真に関しては女性の背中ということで控えさせていただきます。 高校生の頃~春の花粉症[…]

[» 続きを見る]

原因不明の時こそ東洋医学

こんにちは。 名古屋の鍼灸師、蓬祥鍼灸院の長谷川です。 昨日の台風はなかなかの雨風で今も風がビュービュー吹いております。 体の調子が悪く、近所のかかりつけの病院へ行き検査をするが異常なし。さらに大学病院を受診しても異常な[…]

[» 続きを見る]

治療と同じぐらい大切なこと

体の不調があればまずは病院で検査をし、薬での治療が第一選択となり、それでも良くならなければ他の治療法を探す。 これが今の時代の流れになっている。 しかし、治療と同じぐらい大切なことがある。 それが「養生」というもの。 養[…]

[» 続きを見る]

歯科で原因不明とされた右上奥歯の痛み 43歳 女性

今年の春から突然左上の歯に痛みがでたため、かかりつけの歯科医にいったところ色々な検査をするも何ら悪いところが見当たらないため、痛み止めと、抗生剤をもらい服用すると一旦は治まる。 先週から今度は右上の奥歯に痛みが出たため、[…]

[» 続きを見る]