便秘の症例

20代 女性

就職を期に一人暮らしをはじめた途端に便秘になる。
仕事のストレスもあったが、それ以上に自宅のユニットバスに抵抗があり、トイレは我慢してコンビニや職場でするようになる。
就職するまでは毎日出ていたが、旅行などで生活環境が変わると便秘にはなっていた。
1人暮らしを2年、その後は実家から通うようになるが便秘は改善されず、現在は酸化マグネシウム(非刺激性の便秘薬)を服用して週2~3回の排便がある。

【舌診】淡白舌、舌先紅刺
【脈診】沈弦有力
【腹診】臍周囲の硬結の硬結

【弁証】肝鬱気滞証

【考察】仕事やユニットバスに対する精神的ストレスにより気滞が生じ(自律神経系が乱れ)、大腸の働きが悪くなったために起きた便秘。
そのため、気の流れを良くすることを治療の目的とする。

【治療】左天枢に5番鍼、右足三里に3番鍼で25分置鍼

治療当日から薬の服用を止めたが、翌日の朝に排便があり、1週間通して毎日時間にズレはあるものの毎日排便あり。
以後も同様の治療を週1で計6回継続するとストレスがかかると時々でないことはあるが、ほぼ毎日出るようになる。
現在も体調管理のため月2回の治療を継続中。

Share

関連記事

花粉症にも鍼灸

秋と言えば・・・ ・食欲の秋 ・スポーツの秋 ・読書の秋 ・花粉症の秋 最後にいらないものが入ってますかね? でも、秋の花粉症の方にとっては嫌な季節に突入してしまいました。 花粉症と言うとやはり内科や耳鼻科に行かれる方が[…]

[» 続きを見る]

女性アスリートと月経③

女性アスリートと月経第3弾。 第1弾は「無月経が疲労骨折を招く」。 第2弾は「女性ホルモン(エストロゲン)の不足が無月経を招く」。 今回は女性ホルモンが不足するとなぜ無月経になり、疲労骨折を招くのか? まず女性ホルモンで[…]

[» 続きを見る]

顎関節症の症例

40代女性 1週間ほど前に食事をしている際に左側の顎に痛みが起きる。 歯科医に行くと顎関節症と診断される。 顎関節症は20代の頃にも発症したことがあり、当時は名古屋へ引っ越してきたことによるストレスから発症。当時は歯ぎし[…]

[» 続きを見る]

アトピー性皮膚炎について

アトピー性皮膚炎とは痒みのある湿疹を主な症状とする皮膚疾患。 湿疹の状態は赤みがありジュクジュク、掻くと滲出液が出る、カサカサなど様々で年齢によっても変化してきます。(ジュクジュク⇒カサカサ) 原因は不明とされていますが[…]

[» 続きを見る]

薬剤性カンジタ皮膚炎の改善

以前ブログにも書きました、カンジタによる手湿疹が見事に改善しました! 治療前の脈は弦数という一言で言えば速い脈だったのが、治療後に脈を確認すると非常に落ちついていたため、ある程度は改善するだろうという感触でしたが、治療し[…]

[» 続きを見る]