便秘の症例

20代 女性

就職を期に一人暮らしをはじめた途端に便秘になる。
仕事のストレスもあったが、それ以上に自宅のユニットバスに抵抗があり、トイレは我慢してコンビニや職場でするようになる。
就職するまでは毎日出ていたが、旅行などで生活環境が変わると便秘にはなっていた。
1人暮らしを2年、その後は実家から通うようになるが便秘は改善されず、現在は酸化マグネシウム(非刺激性の便秘薬)を服用して週2~3回の排便がある。

【舌診】淡白舌、舌先紅刺
【脈診】沈弦有力
【腹診】臍周囲の硬結の硬結

【弁証】肝鬱気滞証

【考察】仕事やユニットバスに対する精神的ストレスにより気滞が生じ(自律神経系が乱れ)、大腸の働きが悪くなったために起きた便秘。
そのため、気の流れを良くすることを治療の目的とする。

【治療】左天枢に5番鍼、右足三里に3番鍼で25分置鍼

治療当日から薬の服用を止めたが、翌日の朝に排便があり、1週間通して毎日時間にズレはあるものの毎日排便あり。
以後も同様の治療を週1で計6回継続するとストレスがかかると時々でないことはあるが、ほぼ毎日出るようになる。
現在も体調管理のため月2回の治療を継続中。

Share

関連記事

肩こり 40歳 女性

主訴:肩こり 仕事で長時間のパソコンを使用している。 肩を触ると思わず「うわっ!」っとなってしまうほど肩がガチガチになっている。 肩こり以外にはイライラしやすい・目が充血しやすいなどの症状あり。 脈:弦 舌:紅舌 弁証:[…]

[» 続きを見る]

体調管理はしっかりと

こんにちは。 名古屋の蓬祥鍼灸院の長谷川です。 先週辺りから日中の最高気温が20℃を超えるようになり、さらにいつの間にか桜も開花しています。 しかし、やはりこの時期の特徴とも言えるのが朝晩と日中の気温差です。 この気温差[…]

[» 続きを見る]

筋トレでアンチエイジング

人は誰でも実年齢よりも若く見られたいものです。女性であればなおさらそう思われると思います。 アンチエイジングの方法も多種多様であり、食べ物に気をつける、化粧品、エステなどがありますが、10年ほど前からは美容鍼が注目されて[…]

[» 続きを見る]

東洋医学との出会い

鍼灸治療は東洋医学による治療である。 このようにお考えの方はきっと多いかと思いますが、実はそうではありません。 私自身もこの世界に入る前は「鍼灸=東洋医学」だと思っていました。 しかし、鍼灸学校に入って東洋医学について勉[…]

[» 続きを見る]

治療と同じぐらい大切なこと

体の不調があればまずは病院で検査をし、薬での治療が第一選択となり、それでも良くならなければ他の治療法を探す。 これが今の時代の流れになっている。 しかし、治療と同じぐらい大切なことがある。 それが「養生」というもの。 養[…]

[» 続きを見る]