便秘の症例

20代 女性

就職を期に一人暮らしをはじめた途端に便秘になる。
仕事のストレスもあったが、それ以上に自宅のユニットバスに抵抗があり、トイレは我慢してコンビニや職場でするようになる。
就職するまでは毎日出ていたが、旅行などで生活環境が変わると便秘にはなっていた。
1人暮らしを2年、その後は実家から通うようになるが便秘は改善されず、現在は酸化マグネシウム(非刺激性の便秘薬)を服用して週2~3回の排便がある。

【舌診】淡白舌、舌先紅刺
【脈診】沈弦有力
【腹診】臍周囲の硬結の硬結

【弁証】肝鬱気滞証

【考察】仕事やユニットバスに対する精神的ストレスにより気滞が生じ(自律神経系が乱れ)、大腸の働きが悪くなったために起きた便秘。
そのため、気の流れを良くすることを治療の目的とする。

【治療】左天枢に5番鍼、右足三里に3番鍼で25分置鍼

治療当日から薬の服用を止めたが、翌日の朝に排便があり、1週間通して毎日時間にズレはあるものの毎日排便あり。
以後も同様の治療を週1で計6回継続するとストレスがかかると時々でないことはあるが、ほぼ毎日出るようになる。
現在も体調管理のため月2回の治療を継続中。

Share

関連記事

薄毛対策

  こんにちは。名古屋の体質改善請負人こと、蓬祥鍼灸院の長谷川です。 女性であれば誰でも気になる問題が「薄毛」の問題で、男性も気にされる方も多いですが、「髪は女の命」とも言うように女性であればやはりかなりの問題[…]

[» 続きを見る]

起立性調節障害に対する鍼灸治療の症例

コンテンツ1 起立性調節障害に対する鍼灸治療の症例1.1 【13歳 男性】 起立性調節障害1.2 【16歳 男性】 起立性調節障害 起立性調節障害に対する鍼灸治療の症例 思春期の子供に見られる朝起きられない、不眠、めまい[…]

[» 続きを見る]

痛みと精神の関係

痛みと精神の関係性として、東洋医学では神主学説というものがあります。 神主学説とは 「心が不安定な状態だと痛みが増し、心が安定してくると痛みが軽くなる。」という考え方です。 東洋医学では昔からこのような考え方をしていまし[…]

[» 続きを見る]

気とは電流のようなもの

気の存在。 皆さんは信じますか?信じませんか? ちなみに私は否定はしません。どちらかというと肯定派です。 東洋医学にたずさわる以上はこの気をどう説明するのかが非常に難しい部分でもあります。 鍼灸師の中にも『気ってなんだ?[…]

[» 続きを見る]

うつ病の症例

30代女性。 2人目出産後から両足の大腿部の内側に違和感を感じていたが、「完璧な母親でありたい」という思いから家事・育児にと奮闘しすぎたことにより産後うつとなる。 大腿部の違和感は整形外科でMRI検査にて腰椎椎間板ヘルニ[…]

[» 続きを見る]