葛根湯について

テレビのCMでもお馴染みの葛根湯。
風邪の引き始めに服用すると効果があり、病院でも処方されることがある、漢方薬の中でも非常になじみのある薬。
しかし、この葛根湯は風邪の初期に服用すれば必ず効果があるとは限りません。

葛根湯が適応となるのは「風寒表実証」で悪寒で背中がゾクゾクするという場合に効果があり、微熱が出ている状態では葛根湯は適応外になります。

この場合は「麻黄湯」。

また、風邪の初期症状にも「実証」と「虚証」があり、葛根湯は実証のケースが適応、虚証の場合は「桂枝湯(けいしとう)」が適応となります。
あくまでも四診合参により決めていきますが、分かりやすいのは「脈」。

・バクバクと強く脈打っていれば実証のため葛根湯。
・細く、弱い脈であれば虚証であるため桂枝湯。

風邪の初期だからといって葛根湯を服用すればよいというわけではありません。
それだけ東洋医学は奥が深いのです。
もちろん鍼でも風邪の治療は可能になります。

Share

関連記事

慢性副鼻腔炎(蓄膿症)の著効例

慢性副鼻腔炎(蓄膿症)でお悩みの30代女性。 昔から風邪を引くと副鼻腔炎になりやすく、発症するたびに抗生物質を服用している。 普段でも鼻から何か垂れてくる感じがある。 肺経・大腸経に顕著な圧痛あり。 左合谷に3番1寸で1[…]

[» 続きを見る]

花粉症の薬が保険適応外に。その背景にある理由とは?

こんにちは。 蓬祥鍼灸院の長谷川です。 今回はもうすぐやってくる花粉症に関する内容になります。 タイトルにもありますが、このニュースはご存知でしょうか? コンテンツ1 花粉症の薬が保険適応外に2 なぜ保険適応外になるの?[…]

[» 続きを見る]

足元を暖めよう!

夏らしい夏ではありませんでしたが、9月に入り徐々に涼しくなってきました。 本格的に寒くなる前に冷えについてです。 四字熟語に「頭寒足熱」という言葉がありますが、この言葉の意味は頭を冷やして足を温めるのは健康によいというこ[…]

[» 続きを見る]

運動を続けるコツは先を見据えること

こんにちは。 蓬祥鍼灸院の長谷川です。 私の運動暦は5歳頃~小5まで剣道。 小学校4年~22歳までバスケ。 小学校6年時に陸上を少々。 現在は週2でジム通いという運動歴になります。 剣道を始めた理由は分からなかったので2[…]

[» 続きを見る]

背中の湿疹の症例

こんにちは。 名古屋の体質改善請負人こと、蓬祥鍼灸院の長谷川です。 久しぶりの症例報告になります。 今回は30代女性の背中の湿疹です。 写真に関しては女性の背中ということで控えさせていただきます。 高校生の頃~春の花粉症[…]

[» 続きを見る]