テレビのCMでもお馴染みの葛根湯。
風邪の引き始めに服用すると効果があり、病院でも処方されることがある、漢方薬の中でも非常になじみのある薬。
しかし、この葛根湯は風邪の初期に服用すれば必ず効果があるとは限りません。

葛根湯が適応となるのは「風寒表実証」で悪寒で背中がゾクゾクするという場合に効果があり、微熱が出ている状態では葛根湯は適応外になります。

この場合は「麻黄湯」。

また、風邪の初期症状にも「実証」と「虚証」があり、葛根湯は実証のケースが適応、虚証の場合は「桂枝湯(けいしとう)」が適応となります。
あくまでも四診合参により決めていきますが、分かりやすいのは「脈」。

・バクバクと強く脈打っていれば実証のため葛根湯。
・細く、弱い脈であれば虚証であるため桂枝湯。

風邪の初期だからといって葛根湯を服用すればよいというわけではありません。
それだけ東洋医学は奥が深いのです。
もちろん鍼でも風邪の治療は可能になります。

Share
---------------------------------------------------------------------
名古屋市中川区の蓬祥鍼灸院は薬に頼りたくない方や病院で良くならない方に
対して東洋医学の面から治療を行う鍼灸院です。
〒454-0911
愛知県名古屋市中川区高畑1-89 グリーンハイツ高畑1F
TEL 052-355-6866
友だち追加
---------------------------------------------------------------------