使用する鍼の種類

当院では色々な種類やサイズの鍼を使用します。
写真は実際に使用する鍼の一部になりますが、比較的多く使用する鍼になります。
使用する鍼をどのように選ぶかというとツボの深さや大きさ、目的などで変わってきます。

全て使い捨ての鍼になります。

1枚目の写真、左端の短い鍼は鍼の部分が1㎝。
2枚目の写真の鍼は接触鍼という「刺さない鍼」。

また、鍼は細い方が痛くない、太い方が痛いというのは間違いです。

Share

関連記事

診療報酬の不正受給問題

ニュースで取り上げられている診療報酬の不正受給問題ですが、これは医師だけではなく、鍼灸院や整骨院でも行なわれている問題がある。 なぜこのようなことをするのかというと1つの問題として「経営を安定させたい」という気持ちがある[…]

[» 続きを見る]

メールでご予約される方の注意点

当院のご予約方法は3つあります。 ①電話 ②ホームページ内からのメール ③LINE@ この中でも比較的多いのがメールでのご予約ですが、1つ注意点がございます。 希望日時の選択時に診療時間外、つまり休診日のお時間を指定され[…]

[» 続きを見る]

慢性副鼻腔炎(蓄膿症)の著効例

慢性副鼻腔炎(蓄膿症)でお悩みの30代女性。 昔から風邪を引くと副鼻腔炎になりやすく、発症するたびに抗生物質を服用している。 普段でも鼻から何か垂れてくる感じがある。 肺経・大腸経に顕著な圧痛あり。 左合谷に3番1寸で1[…]

[» 続きを見る]

夏の養生

関東では昨日梅雨明けが発表されましたが、東海地方は梅雨明けしたのでしょうか? したということにしておきましょう。 さて、これから夏本番という感じで暑い日が続くようですが、体調を崩さないようにしなければいけません。 夏の養[…]

[» 続きを見る]

早期治療の大切さ

どんな病気でも早期発見・早期治療は大切です。 これは現代医学でも東洋医学でもやはり同じ。 特に以前から感じているのは耳鳴りや難聴は何年も前からとなるとなかなか難しいケースに出会うことがある。 多くの方は発症してから数ヶ月[…]

[» 続きを見る]