使用する鍼の種類

当院では色々な種類やサイズの鍼を使用します。
写真は実際に使用する鍼の一部になりますが、比較的多く使用する鍼になります。
使用する鍼をどのように選ぶかというとツボの深さや大きさ、目的などで変わってきます。

全て使い捨ての鍼になります。

1枚目の写真、左端の短い鍼は鍼の部分が1㎝。
2枚目の写真の鍼は接触鍼という「刺さない鍼」。

また、鍼は細い方が痛くない、太い方が痛いというのは間違いです。

Share

関連記事

甲状腺機能低下症による脱毛症

甲状腺とは喉にある内分泌腺で基礎代謝を高めたり成長ホルモンの働きを助ける作用があるホルモンを分泌する。 この甲状腺から分泌されるホルモンの数値が低下した状態を「甲状腺機能低下症」というが、この疾患は甲状腺機能亢進症である[…]

[» 続きを見る]

手湿疹の改善例

10月より来院されている患者さん。 4回目の治療を終えてからあまり良く眠れていなかったが眠れるようになり、その後に副鼻腔炎になってしまったが、副鼻腔炎が治るとともに手湿疹も改善された。

1本の鍼でも体は変わる

1本の鍼を体に刺すだけでも体はしっかりと変化します。 このようなことを言われても正直信じられませんよね。 実は僕もあまり信じてはいませんでした。(笑い) でも今は自信を持って言えます。 なぜなら、現在は平均2~3本ほどの[…]

[» 続きを見る]

テレビ愛知にて放送中

こんにちは。 名古屋の鍼灸師、長谷川です。 東洋医学は現代の方にとってはあまり馴染みがなく、よく分からない、怪しいという印象を持たれる方も多いと思いますが、江戸時代までは日本において普通に行なわれていた医療でした。 少し[…]

[» 続きを見る]

一般的な鍼灸治療院と当院の違い

当院の鍼灸治療は一般的な鍼灸治療院とは大きな違いがあります。 【一般的な鍼灸治療院】 ・痛いところに鍼を刺す ・○○に効果のあるツボに鍼を刺す ・鍼の本数が比較的多め(10本以上刺すこともある) 【当院の場合】 ・基本的[…]

[» 続きを見る]