2017春 花粉飛散情報

e4947e551c2e93b2c267eaae4de4a263_s

1月も気がつけばもうすぐ終わり、多くの方を悩ませる時期がやってきます。
花粉シーズンの到来です。
早い方ではすでに症状が出始めているのではないでしょうか?

では今年の花粉の飛散量はどうなのかというと

・昨年の飛散量と比較すると160%ほど多くなる
・例年と比較するとやや少なめ

なんだかよく分かりませんが、昨年よりは確実に飛散量が多いということは確かなようです。

鍼灸治療は花粉症にも非常に効果がある治療法です。
薬に頼らずしっかりと花粉症を克服したいという方はご連絡下さい。

Share

関連記事

怪病多痰

怪病多痰。 東洋医学にはこのような考え方があります。 これは「原因がいまいち特定できない病」の場合、痰という病理物質が原因となることが多いという考え方になります。 では痰とは何なのか? 痰というのは体の中に溜まった水分に[…]

[» 続きを見る]

体外受精と顕微受精の違い

不妊治療において体外受精と顕微受精はどちらも高度先端医療となる。 基本的には自然(タイミング法)→人口受精→体外受精→顕微受精とステップアップしていくことになるが、場合によっては最初から顕微受精になることもあります。 こ[…]

[» 続きを見る]

肺が悪いと尿の出が悪くなる?

肺と膀胱は解剖学的にはまったく関係性を持っていない臓器になりますが、東洋医学的にはとても関係のある臓器になります。 膀胱は尿の貯蓄と排泄を行なうため水分代謝に関わっている臓器になりますが、実は肺も水分代謝に関わっています[…]

[» 続きを見る]

母乳の出が良くなるツボ

母乳の出が悪い時に使用するツボをご紹介いたします。 その前に、東洋医学では母乳の出が悪くなる原因は主に2つあります。 ①肝鬱気滞 ②気血両虚 ①に関してはストレスが原因となります。 肝と関連している経絡が乳房の周りを走行[…]

[» 続きを見る]

前立腺肥大症に対する鍼灸治療の症例

コンテンツ1 30代 男性 前立腺肥大症の症例2 弁証および治療について3 考察 30代 男性 前立腺肥大症の症例 2019年3月来院。 1ヶ月ほど前から常に尿意がある感じや残尿感があるため、近所の泌尿器科を受診すると過[…]

[» 続きを見る]