うつ病の症例

30代女性。
2人目出産後から両足の大腿部の内側に違和感を感じていたが、「完璧な母親でありたい」という思いから家事・育児にと奮闘しすぎたことにより産後うつとなる。
大腿部の違和感は整形外科でMRI検査にて腰椎椎間板ヘルニアと診断。

【身体的症状】
動悸、めまい、足の痺れ、体がだるい、頭痛、腰痛、味覚が鈍い、不眠、無気力感

【精神的状】
抑うつ感、不安感、子供がかわいく感じない、外に出たくない

【弁証】肝鬱気滞証、心脾両虚証

まずはヘルニアからくる足の痺れと腰の痛みを「肝鬱気滞証」によるものと考え、百会穴を使用し治療を行うと、初回から症状は軽減する。
その後、本格的にうつ病を引き起こしている「心脾両虚証」に対する治療を週2回、神門、足三里、公孫、三陰交などを適宜使用し治療をする。2ヶ月経過した頃から週1回に変更。
4ヶ月ほどすると気分の落ち込みは殆んどなくなり、心療内科からも抗不安薬、睡眠導入剤の減薬の許可が出たため減薬するが、体調的にも8~10が続き、睡眠も取れている。
その後は月1回、2ヶ月に1回と間隔を開けても精神的にも身体的にも症状はほとんど出なくなり、心療内科からも問題なしとの診断を頂く。

治療期間は11ヶ月と長かったですが、しっかりと治療を継続していただけたこと、自宅でのお灸もしっかりと行なっていただけたためうつ病を克服されました。

Share

関連記事

逆子 30歳 女性

31週目での検診でも逆子になっていたが逆子体操で正常位に戻ったが、今回は逆子体操でもなかなか治らなかったために当院へ来院。 腹部の触診にて右上腹部に頭部、右下腹部にお尻がある状態の逆子。 腹部の冷えはなく、全体的に温かい[…]

[» 続きを見る]

食後の眠気

食後に眠くなる・・・ この症状を訴える方も意外と多い現代人ですが、皆さんは経験はないでしょうか? 今までで1番ひどかった方は食事中に寝てしまうという方がいました。 何でこのような症状が出るのかというと、ヒントは日本のお昼[…]

[» 続きを見る]

花粉症 27歳 男性

幼少期より重度の花粉症。 秋の花粉症ではないが毎年1月下旬頃になるとティッシュが手放せない程の鼻水と目のかゆみがある。 体質的には 『陽虚』 であり、この方は鍼を刺すと1番細い鍼であっても痛がってしまうため、お灸での治療[…]

[» 続きを見る]

迷っているのは○○!

迷っているのは○○! 以前某専門学校が出していたキャッチコピーですが、当時は『確かにそうかも!』と思った記憶があります。 ではこの○○に入る言葉をご紹介。 迷っているのはやりたい証拠! 迷うということは確かに『やってみた[…]

[» 続きを見る]

梅雨が苦手な方必見?

こんにちは。 蓬祥鍼灸院の長谷川です。 私適にあまり好きではない梅雨の時期にもうすぐやってきます。 人によっては梅雨や雨の日に体調が悪くなるという方がいらっしゃいますが、このような方は東洋医学的には「脾胃」という胃腸に問[…]

[» 続きを見る]