うつ病の症例

30代女性。
2人目出産後から両足の大腿部の内側に違和感を感じていたが、「完璧な母親でありたい」という思いから家事・育児にと奮闘しすぎたことにより産後うつとなる。
大腿部の違和感は整形外科でMRI検査にて腰椎椎間板ヘルニアと診断。

【身体的症状】
動悸、めまい、足の痺れ、体がだるい、頭痛、腰痛、味覚が鈍い、不眠、無気力感

【精神的状】
抑うつ感、不安感、子供がかわいく感じない、外に出たくない

【弁証】肝鬱気滞証、心脾両虚証

まずはヘルニアからくる足の痺れと腰の痛みを「肝鬱気滞証」によるものと考え、百会穴を使用し治療を行うと、初回から症状は軽減する。
その後、本格的にうつ病を引き起こしている「心脾両虚証」に対する治療を週2回、神門、足三里、公孫、三陰交などを適宜使用し治療をする。2ヶ月経過した頃から週1回に変更。
4ヶ月ほどすると気分の落ち込みは殆んどなくなり、心療内科からも抗不安薬、睡眠導入剤の減薬の許可が出たため減薬するが、体調的にも8~10が続き、睡眠も取れている。
その後は月1回、2ヶ月に1回と間隔を開けても精神的にも身体的にも症状はほとんど出なくなり、心療内科からも問題なしとの診断を頂く。

治療期間は11ヶ月と長かったですが、しっかりと治療を継続していただけたこと、自宅でのお灸もしっかりと行なっていただけたためうつ病を克服されました。



プロフィール
【取得資格】
はり師、きゅう師、あん摩・マッサージ・指圧師

【鍼灸師になったきっかけ】
小学校から専門学校までバスケットボールをしており、高校時代に某高校のバスケットボール部のトレーナーをしている方の鍼灸院に怪我の治療でお世話になったことがきっかけ。
高校卒業後はスポーツトレーナーを目指し、トライデントスポーツ健康科学専門学校※現名古屋平成看護医療専門学校に通い、卒業後に名古屋鍼灸学校にてはり師、きゅう師、あん摩・マッサージ・指圧師国家資格を取得。
現在は不妊症をはじめとした婦人科疾患や皮膚疾患、精神疾患などの治療に力を入れております。

蓬祥鍼灸院公式LINE
Share

関連記事

舌で見る健康状態

東洋医学独特の診断方法に「舌診」という舌を診る診察方法があり、舌を診るだけでも身体の状態がある程度分かってきます。 舌の状態は診てるようで、意外と診ていない方も多くいらっしゃいます。 しかし、鏡さえあれば誰でも簡単に診る[…]

[» 続きを見る]

鍼灸師が行なう風邪予防

寒暖差の激しい今年の冬ですが、体調の方はいかがでしょうか? 寒くなってくると風邪を引いたり、インフルエンザに罹ってしまう方も多いですが、しっかりと予防はされているでしょうか? 私は今でこそ風邪を引かなくなりましたが、鍼灸[…]

[» 続きを見る]

円形脱毛症のセルフケアと注意すべきこと

コンテンツ1 つまようじを使った円形脱毛症のセルフケア1.1 梅花鍼はネットで購入可能1.2 梅花鍼を使う際の注意点2 その他の一般的なセルフケア2.1 ウイッグを使用して人目が気にならないようにする2.2 ストレス発散[…]

[» 続きを見る]

【こんな人は要注意!】円形脱毛症をなんども繰り返す人の特徴

名古屋市中川区の蓬祥鍼灸院、長谷川です。 円形脱毛症を何度も繰り返してしまい困っていませんか? 円形脱毛症はだれでも突然なってしまう可能性がある病気になりますが、人によっては円形脱毛症は何度も繰り返してしまう可能性もある[…]

[» 続きを見る]

虫刺されとツボ

蚊やダニなどの虫に刺される場所は治療ポイントになるかどうか? 今年の夏からそんな疑問が出てきていました。 すると昨夜、少し見辛いですが三陰交というツボの部分を刺されました。 調べてみると本当かどうかは分かりませんが、蚊は[…]

[» 続きを見る]