脱毛症の症例

40代男性。

難聴のためステロイド剤を使用してから脱毛が始まるが、仕事が忙しくストレスもかなりある。
肝鬱化火証として治療を開始。

ストレス→気の停滞が長期に渡り熱が発生→熱により頭皮の水分がなくなる→脱毛が発症※乾燥した土に生えている草木が簡単に抜けるようなイメージ

治療2ヶ月経過すると開始当初は2箇所だけでしたが、徐々に脱毛部位も広がり、さらにはもう1箇所脱毛が起きてしまうが約5ヶ月継続することで改善しております。
脱毛症の治療は場合によってはこのように治療を始めても脱毛が続くことがあるため我慢が必要なことがあります。

Share

関連記事

ショップカード作りました

こんにちは。 名古屋の鍼灸師、蓬祥鍼灸院の長谷川です。 先日ですが、名刺とは別に「ショップカード」を作りました。 こちらのショップカードはお店の情報以外にもご紹介者カードとしても利用できるように、ご紹介者のお名前を記入で[…]

[» 続きを見る]

最後に行きつくのが鍼灸治療

先日患者さんとの会話で、「世の中には色々な治療があるけど、最終的に辿り着くのは鍼灸だね。」というお話になりました。 やはり鍼灸治療は鍼灸治療は「痛い」という先入観から敬遠されがちなのでしょう。 何を隠そう、この方もご自身[…]

[» 続きを見る]

生理痛の原因は東洋医学ではどのように考えるの?

コンテンツ1 生理痛は東洋医学ではどのように考えるか?1.1 不通則痛とは?1.2 不栄則痛とは?2 あなたはどのタイプの生理痛?2.1 気滞2.2 瘀血2.3 気血両虚2.4 冷え(寒邪)3 まとめ 生理痛は東洋医学で[…]

[» 続きを見る]

たかが水でも毒になる

人の体の約60%は水分と言われているため、体にとって水分は非常に重要なものであることは間違いありません。 しかし、体にとって必要なものとは言っても、時には毒になることもあります。 いわゆる「水毒」ということです。 どんな[…]

[» 続きを見る]

抗生物質の副作用による手湿疹

薬の副作用って真剣に考えたことはありますか? あまり深く考えずにポンポンと飲んでしまう方もいるのではないでしょうか? 抗生物質の副作用でこんな症状が出る方もいるようです。 それが「カンジタ」。 カンジタと言えば性感染症の[…]

[» 続きを見る]