アトピー性皮膚炎の症例

40代女性

幼少期よりアトピー性皮膚炎で常にステロイドを使用してきた。
30歳から5~6年ほど光線療法と鍼で改善するも時々はステロイドを使用。
その後も再発を繰り返していたため、中国から来日されていた漢方医に処方してもらった当帰飲子を1年間飲み続けるも効果なし。
昨年の2月に右目にデキモノができたが、原因不明で運動も禁止されていたため間食が増え、この頃から症状が悪化しだしたため、再度他院にて「井穴刺絡」を中心に行なう鍼治療を開始するも効果は感じられない。
皮膚の状態は苔癬化しており、特に胸から上の痒みが強く、寝ている間にも掻きむしってしまう。
その他、重度の花粉症でアレルギー検査にてスギ花粉の数値が6、便秘気味、汗をかきにくい、貧血気味

【症状の悪化要因】
午後から夕方にかけて体が火照る感じがあり痒みも増す、仕事終わり、冬、月経前

【緩解要因】
汗を沢山かいた時

【脈診】やや浮弦緊脈
【舌診】淡紅色、黄じ苔(舌苔にかなりの厚みあり)
【弁証】肝胆湿熱証>腎陰虚

【治療】
1~15診
左肝兪、胆兪、脾兪、胃兪から毎回1穴を選択し5番鍼で15~20分置鍼
足の痒みと顔の赤みがなくなる
便通も毎日出るようになるが硬い

16~25診
左肝兪or胆兪、百会、右太淵
胸と肩周りの痒みも落ち着いてくる、また花粉の症状も今シーズンはまったく出ていない

26~34診
右太淵、左太ケイ
苔癬化による肌のゴワゴワ感はやや残るも夜中に掻きむしることもなくなり、日中もほとんど痒みを感じなくなったため終了。

重度のアトピー性皮膚炎でしたが、約10ヶ月しっかりと治療を継続していただけたこともあり改善することができました。
漢方薬が効果がなかったのは東洋医学での「証=体質」が間違っていたためになります。
当帰飲子という漢方薬は「血虚体質」の方が服用するものですが、この方は「湿熱体質」によるアトピーになります。

Share

関連記事

お腹に鍼を刺して肩こりが解消する理由

こんにちは。 名古屋の鍼灸師、長谷川です。 肩こりに対しての鍼灸治療といえば一般的には肩や首などにたくさんの鍼を刺すというイメージがあると思いますが、当院ではまずこのような治療は行ないません。 先日、忙しさなどもあり首筋[…]

[» 続きを見る]

ONとOFFの切り替え

ONとOFFの切り替えはできていますか? 休みの日でも仕事のことを考えていたりしませんか? このONとOFFの切り替えというのは、仕事と休みということです。 日本人は世界の人々からすると働きすぎとよく言われていますが、こ[…]

[» 続きを見る]

視力回復できるかも?鍼灸師が実践した方法とは?

こんにちは。蓬祥鍼灸院の長谷川です。 私事ではありますが2~3年前まで車を運転する時には眼鏡をかけておりましたが、現在は眼鏡なしで車を運転しております。以前は車を運転する時は眼鏡をかけなければいけませんでしたが、今は眼鏡[…]

[» 続きを見る]

頭寒足熱

11月に入り暖かい日もありますが、これからどんどん寒くなっていきます。 四字熟語に「頭寒足熱」とう言葉がありますが、これはこれからの季節に養生する上でとても大切なことになります。 頭寒足熱とは頭が冷えて、足元が温かい状態[…]

[» 続きを見る]

性感染症のカンジタを侮るなかれ

こんにちは。 名古屋の鍼灸師、長谷川です。 今日は性感染症の1つである「カンジタ」についてです。 当院のホームページを見に来る方の中でも「カンジタ」というキーワードが非常に多く、ほぼ毎日のようにこのキーワードで検索されて[…]

[» 続きを見る]