アトピー性皮膚炎の症例

40代女性

幼少期よりアトピー性皮膚炎で常にステロイドを使用してきた。
30歳から5~6年ほど光線療法と鍼で改善するも時々はステロイドを使用。
その後も再発を繰り返していたため、中国から来日されていた漢方医に処方してもらった当帰飲子を1年間飲み続けるも効果なし。
昨年の2月に右目にデキモノができたが、原因不明で運動も禁止されていたため間食が増え、この頃から症状が悪化しだしたため、再度他院にて「井穴刺絡」を中心に行なう鍼治療を開始するも効果は感じられない。
皮膚の状態は苔癬化しており、特に胸から上の痒みが強く、寝ている間にも掻きむしってしまう。
その他、重度の花粉症でアレルギー検査にてスギ花粉の数値が6、便秘気味、汗をかきにくい、貧血気味

【症状の悪化要因】
午後から夕方にかけて体が火照る感じがあり痒みも増す、仕事終わり、冬、月経前

【緩解要因】
汗を沢山かいた時

【脈診】やや浮弦緊脈
【舌診】淡紅色、黄じ苔(舌苔にかなりの厚みあり)
【弁証】肝胆湿熱証>腎陰虚

【治療】
1~15診
左肝兪、胆兪、脾兪、胃兪から毎回1穴を選択し5番鍼で15~20分置鍼
足の痒みと顔の赤みがなくなる
便通も毎日出るようになるが硬い

16~25診
左肝兪or胆兪、百会、右太淵
胸と肩周りの痒みも落ち着いてくる、また花粉の症状も今シーズンはまったく出ていない

26~34診
右太淵、左太ケイ
苔癬化による肌のゴワゴワ感はやや残るも夜中に掻きむしることもなくなり、日中もほとんど痒みを感じなくなったため終了。

重度のアトピー性皮膚炎でしたが、約10ヶ月しっかりと治療を継続していただけたこともあり改善することができました。
漢方薬が効果がなかったのは東洋医学での「証=体質」が間違っていたためになります。
当帰飲子という漢方薬は「血虚体質」の方が服用するものですが、この方は「湿熱体質」によるアトピーになります。

Share

関連記事

生理不順や不妊症の原因となる高プロラクチン血症とは?

女性の身体に毎月起きる生理ですが中には生理不順でお悩みの方も多いかと思います。 生理不順にも色々な原因がありますが、今回は不妊症の原因にもなる高プロラクチン血症についてです。 この病気にはある特徴的な症状がありますので生[…]

[» 続きを見る]

応援してます!

昨年の10月に体調不良でご来院いただいて以降、定期的に体のメンテナンスをさせていただいている患者様がアクセサリーの販売を始めました。 仕事・育児・家事の合間にコツコツと制作されています。 お値段も非常にお手ごろとなってい[…]

[» 続きを見る]

心と身体

心と身体は切っても切り離せない関係です。 今までにもうつ病の方やパニック障害など心の病を抱えている方の治療に当たる機会がありましたが、治療をしていると本当にそう感じています。 一般的には心の病を抱えている方は心療内科や精[…]

[» 続きを見る]

子宮腺筋症

子宮内膜症や子宮筋腫などと同じように激しい生理痛の原因となるのが子宮腺筋症という病気。 酷い場合は生理時意外にも下腹部に痛みが起きてきます。 子宮腺筋症・子宮筋腫・子宮内膜症のそれぞれの違いは ・子宮腺筋症 子宮内膜にあ[…]

[» 続きを見る]

今話題の「春バテ」

昨日からようやく春らしい天気になりました! 風がちと強いのが嫌ですけどね。 さて、昨日のニュースの中で夏バテならぬ、「春バテ」について取り上げられていました。 春バテとは寒暖差によって引き起こされる自律神経系の乱れにより[…]

[» 続きを見る]