不正出血の症例

40代女性

7月から突然不正出血が始まり、総合病院の婦人科を受診し検査をするも原因不明。止血剤と漢方薬(ツムラ24番:加味逍遥散)を処方されたため服用すると出血は治まるが、しばらくすると再度出血が始まる。
その後は漢方内科の紹介を受け、処方された漢方薬(ツムラ77番:きゅう帰膠艾湯)を服用するも効果は感じられない。

11月に入り再度出血が始まると、腰の痛みが出てくる。また、出血が続いていたことから貧血になる。
その他、右肩の痛み、足の冷え、疲れ目、イライラなどあり。

【弁証】
肝腎陰虚証

【治療】
左大巨に5番鍼で15分

鍼を刺した直後より全ての症状が消失。不正出血も翌日には止まり、以降出血はなし。
この方の場合はいわゆる更年期体質である肝腎陰虚による「腎の封蔵作用の低下」による不正出血です。
西洋医学では原因不明の不正出血であっても適切な治療を行なえば経験上ほとんどのケースで翌日には止まります。
不正出血でお悩みの方はご相談下さい。

Share

関連記事

妊娠報告

PCOS(多嚢胞卵巣症候群)による不妊でお越しの方が治療開始1ヶ月で自然妊娠いたしました。 多嚢胞卵巣症候群は当院に不妊で来院される方の中でも最も多く、通常は基礎体温を整えるのに少し時間がかかりますが、この辺りも自力での[…]

[» 続きを見る]

舌で見る健康状態

東洋医学独特の診断方法に「舌診」という舌を診る診察方法があり、舌を診るだけでも身体の状態がある程度分かってきます。 舌の状態は診てるようで、意外と診ていない方も多くいらっしゃいます。 しかし、鏡さえあれば誰でも簡単に診る[…]

[» 続きを見る]

子供は欲しいと言う夫が婦人科で精液検査を受けない理由

コンテンツ1 夫が婦人科で精液検査を受けない理由1.1 自分の精子は問題ないと思っている1.2 不妊=妻(女性)側の問題だと考えている1.3 男が婦人科を受診するのが恥ずかしい1.4 自分に問題があったらどうしようと考え[…]

[» 続きを見る]

坐骨神経痛 23歳 女性

中学から大学までバレーボールをしており、中学時代に腰椎椎間板ヘルニアを発症。 現在は飲食店で働いているが、雨の日になると腰の痛みが悪化し、また座る動作が現在は1番辛い状態。 仕事が忙しくなかなか治療に行くことができないた[…]

[» 続きを見る]

子宮腺筋症

子宮内膜症や子宮筋腫などと同じように激しい生理痛の原因となるのが子宮腺筋症という病気。 酷い場合は生理時意外にも下腹部に痛みが起きてきます。 子宮腺筋症・子宮筋腫・子宮内膜症のそれぞれの違いは ・子宮腺筋症 子宮内膜にあ[…]

[» 続きを見る]