なかなか止まらない不正出血の原因は胃腸の弱りが原因かも?

胃腸と不正出血の関係とは?

様々な原因で起きる不正出血ですが、東洋医学には独特な考え方があります。
このような経験はありませんか?
・仕事でミスをして、そのミスを引きずっていたら不正出血が起きてしまった・・・
・失恋のショックから不正出血・・・
・流産してから不正出血が起きた・・・

このようなケースで不正出血が起きたことがあるという方は胃腸の弱りが原因となっているかもしれません。
東洋医学では胃腸の弱りが起きると不正出血が起きることがあり、これは現代医学では絶対に解明できないことではないかと思います。
しかし、不正出血で悩んでいる方の中にはこの胃腸の弱りが原因で不正出血が起きていることは多々あり、比較的多く診られる原因でもあります。
では、なぜ胃腸の弱ると不正出血が起きるのかをこれから解説していきます。

東洋医学での胃腸について

東洋医学では胃腸系全般のことを「脾」と言います。
この脾という臓器には・・・
①食べ物から気・血・水を作り出す
②気・血・水の運搬
③血液が血管からあふれないようにする

このような働きがありますが、不正出血と関係があるのが③の働きになります。これを「統血作用」と言いますが、この働きが弱くなってしまうことにより不正出血が起きてくることになり、このような状態を「脾不統血証」と言います。

また、脾という臓器は人間の感情では「思」という感情と関係があり、これは考え込みすぎることで脾の働きが悪くなるということになります。
そのため、嫌なことがあり考え込みすぎた結果、不正出血が起きることもあるということになります。

脾不統血とはどんな状態?

脾の統血作用が低下するために、不正出血以外にも血尿、血便、皮下出血などが起きやすくなります。
また、出血以外には
・食欲不振
・お腹が張りやすい
・疲れやすい
・息切れ
・動悸
・腹痛
・めまい
このような症状が出てきます。

鍼灸治療の効果は?自分でできる対策は?

不正出血に対する鍼灸治療はガンによるものでなければ良好な結果が出やすい疾患になります。
中でもこの脾不統血による不正出血はほとんどのケースで出血はすぐに治まるといっても良いかと思います。
治療は脾という臓器が弱っていることが原因となるため、足三里、太白、公孫、脾兪、胃兪などのツボを使って治療をしていきます。

ご自身での対策としては軽い運動と自宅でのお灸になります。
特にお灸に関しては「隠白」というツボにお灸をすることをお勧めいたします。

Share

関連記事

妊娠報告

昨年の7月から不妊治療でお越しの40歳女性。 この度、自然妊娠の報告をいただきました。 約7ヶ月にわたり、週1回の治療を継続されお灸も毎日行なっていただけていました。 治療は補腎のために太ケイや照海を使用し、月経期には三[…]

[» 続きを見る]

多嚢胞卵巣症候群(PCOS)の症例②

20代女性 3年前に結婚。 社会人になってから生理痛が酷くなったために病院へ行くと多嚢胞卵巣症候群と診断。 当時は子供のことはまだ考えていなかったが、今年から子作りを考えるが、できるだけ薬を使いたくないとのことで鍼灸治療[…]

[» 続きを見る]

年下の男性の精子が卵子を活性化

先日のyahooニュースに面白い記事が載っていました。 年下のパートナーを持つ女性の方が卵子が、同い年や年上のパートナーを持つ女性よりも妊娠しやすいという研究データになります。 年齢で言うと30歳未満の男性のパートナーを[…]

[» 続きを見る]

現代人にお勧めのストレス解消法

こんにちは。 名古屋の体質改善請負人こと、鍼灸師の長谷川です。 皆さんはストレス発散できていますか? 私はできているつもりではいますが、実際には分かりませんが、とりあえず不調は何も感じていないためOKと考えています。 ち[…]

[» 続きを見る]

もうすぐ確定申告&医療費控除申請の日です

もうすぐ我々、個人事業主にとっては面倒な確定申告の季節がやってきます。 また、患者様方にとっても医療費控除申請の季節でもあります。 確定申告といっても私の場合は専用のソフトを使用しているため、必要な情報を毎日入力していれ[…]

[» 続きを見る]