なかなか止まらない不正出血の原因は胃腸の弱りが原因かも?

胃腸と不正出血の関係とは?

様々な原因で起きる不正出血ですが、東洋医学には独特な考え方があります。
このような経験はありませんか?
・仕事でミスをして、そのミスを引きずっていたら不正出血が起きてしまった・・・
・失恋のショックから不正出血・・・
・流産してから不正出血が起きた・・・

このようなケースで不正出血が起きたことがあるという方は胃腸の弱りが原因となっているかもしれません。
東洋医学では胃腸の弱りが起きると不正出血が起きることがあり、これは現代医学では絶対に解明できないことではないかと思います。
しかし、不正出血で悩んでいる方の中にはこの胃腸の弱りが原因で不正出血が起きていることは多々あり、比較的多く診られる原因でもあります。
では、なぜ胃腸の弱ると不正出血が起きるのかをこれから解説していきます。

東洋医学での胃腸について

東洋医学では胃腸系全般のことを「脾」と言います。
この脾という臓器には・・・
①食べ物から気・血・水を作り出す
②気・血・水の運搬
③血液が血管からあふれないようにする

このような働きがありますが、不正出血と関係があるのが③の働きになります。これを「統血作用」と言いますが、この働きが弱くなってしまうことにより不正出血が起きてくることになり、このような状態を「脾不統血証」と言います。

また、脾という臓器は人間の感情では「思」という感情と関係があり、これは考え込みすぎることで脾の働きが悪くなるということになります。
そのため、嫌なことがあり考え込みすぎた結果、不正出血が起きることもあるということになります。

脾不統血とはどんな状態?

脾の統血作用が低下するために、不正出血以外にも血尿、血便、皮下出血などが起きやすくなります。
また、出血以外には
・食欲不振
・お腹が張りやすい
・疲れやすい
・息切れ
・動悸
・腹痛
・めまい
このような症状が出てきます。

鍼灸治療の効果は?自分でできる対策は?

不正出血に対する鍼灸治療はガンによるものでなければ良好な結果が出やすい疾患になります。
中でもこの脾不統血による不正出血はほとんどのケースで出血はすぐに治まるといっても良いかと思います。
治療は脾という臓器が弱っていることが原因となるため、足三里、太白、公孫、脾兪、胃兪などのツボを使って治療をしていきます。

ご自身での対策としては軽い運動と自宅でのお灸になります。
特にお灸に関しては「隠白」というツボにお灸をすることをお勧めいたします。



プロフィール
【取得資格】
はり師、きゅう師、あん摩・マッサージ・指圧師

【鍼灸師になったきっかけ】
小学校から専門学校までバスケットボールをしており、高校時代に某高校のバスケットボール部のトレーナーをしている方の鍼灸院に怪我の治療でお世話になったことがきっかけ。
高校卒業後はスポーツトレーナーを目指し、トライデントスポーツ健康科学専門学校※現名古屋平成看護医療専門学校に通い、卒業後に名古屋鍼灸学校にてはり師、きゅう師、あん摩・マッサージ・指圧師国家資格を取得。
現在は不妊症をはじめとした婦人科疾患や皮膚疾患、精神疾患などの治療に力を入れております。

蓬祥鍼灸院公式LINE
Share

関連記事

消化器系の不調からくる膝の痛み

数年前から膝の内側に痛みがあり、接骨院に通っているがなかなか良くならない。 階段を下りる時に痛みがある。 臍の少し上の下脘(げかん)に冷えあり。 下痢と軟便を繰り返し、病院では年齢的な腸の機能低下によるものなので治療法は[…]

[» 続きを見る]

【誰でもできる】花粉症による鼻づまりの簡単解消法はある部分を圧迫するだけ!

こんにちは。 元花粉症の蓬祥鍼灸院の長谷川です。 花粉症による鼻詰まりでお困りの方は多いと思いますが、今まさに辛いという方もいることでしょう。 そして、皆さんが考えることは鼻詰まりを解消できる方法が知りたいということ! […]

[» 続きを見る]

ホルモンバランスの乱れと東洋医学

こんにちは。 名古屋の鍼灸師、長谷川です。 不妊治療を始める際に多くの方が検査するであろうホルモン値ですが、このホルモンバランスが乱れは色々な原因があります。 ・自律神経系の最高中枢である脳の視床下部の問題 ・副官である[…]

[» 続きを見る]

痩せるツボなど存在しない!ダイエットは運動と食事制限が基本です!

痩せるツボがあるのならぜひ知りたい方、ツボを押すだけで本当に痩せる効果があるのか知りたいと考えていませんか? 誰でもツボを押すだけで痩せることができるなら簡単に続けられるし、うれしいと思います。 しかし、世の中そんなに甘[…]

[» 続きを見る]

妊娠しました

本日、4ヶ月ぶりに娘さんと来院された方から突然のサプライズ報告。 前回の治療後に妊娠が発覚し、酷いつわりに苦しみながらも本日から安定期に入ったとのこと。 元々、喘息の治療がメインではありましたが、1度流産を経験しているた[…]

[» 続きを見る]