月経以外の時期に起きる性器からの出血を不正出血といいますが、東洋医学では「崩漏(ほうろう)」と言います。
大量の出血が起きるものを「崩」、少量の出血がダラダラ続く場合は「漏」という。

注意しなければならないのが、子宮がんによる不正出血。
そのため、不正出血が起きた場合はまずは婦人科にて検査を受けることをお勧めしますが、ガンによるものでなければ鍼灸治療の適応となります。

東洋医学では不正出血を起す体質にも色々とあり
①脾不統血
②腎陽虚
③腎陰虚(肝腎陰虚)
④血熱
⑤瘀血(おけつ)

上記のように体質が違えば原因も違う、そのため使用するツボも変わってくる。
不正出血に対する鍼灸治療の効果は非常に有効で、特に婦人科で検査しても原因不明による不正出血では大半の方が治療後すぐに出血が治まることが多い。※子宮筋腫や卵巣嚢腫など原因がある場合は時間がかかります。
病院で止血剤を服用してもしばらくすると出血してしまう方は鍼灸治療もご検討下さい。

Share
---------------------------------------------------------------------
名古屋市中川区の蓬祥鍼灸院は薬に頼りたくない方や病院で良くならない方に
対して東洋医学の面から治療を行う鍼灸院です。
〒454-0911
愛知県名古屋市中川区高畑1-89 グリーンハイツ高畑1F
TEL 052-355-6866
友だち追加
---------------------------------------------------------------------