体外受精と顕微受精の違い

不妊治療において体外受精と顕微受精はどちらも高度先端医療となる。
基本的には自然(タイミング法)→人口受精→体外受精→顕微受精とステップアップしていくことになるが、場合によっては最初から顕微受精になることもあります。

ここで、体外受精と顕微受精の違いですが、「精子の運動率」が関係してきます。

体外受精も顕微受精も排卵前に採卵するところまでは同じです。
・体外受精は卵子に精子を振りかけて、精子自身の力で受精をさせ、子宮に戻す。
・顕微受精は運動率が悪いため、精子自身に受精する力が弱いため、顕微鏡を使って精子を卵子に注入し受精させ、子宮に戻す。

着床率は年齢によっても異なりますが、平均すると30~40%ほど。
しかし、年齢が高くなればそれだけ着床率も下がります。
※体外受精、顕微受精ともに鍼灸治療を併用することで確率を上げることは可能になります。

どちらも自費治療になり、30~50万ほどの費用がかかりますが、各市町村によっての違いはありますが、助成金制度があるため、そちらもチェックしましょう。

名古屋市の不妊治療における助成金について

Share

関連記事

すばやく部屋を暖め足元の冷えを改善する方法

こんにちは。 蓬祥鍼灸院の長谷川です。 日中は比較的暖かい日が続いていますが、朝晩はやはり冷え込んでいます。 皆さんはご自宅ではどのような暖房器具を使用していますか?多くの方はエアコンを使用しているかと思いますが、エアコ[…]

[» 続きを見る]

先生は何歳ですか?

最近、新規の患者さんによく聞かれます。 特に年上の方には比較的若く見られるようですがこう見えて34歳です。 年齢を気にされるのにはやはり理由があると思いますが、その一番の理由は「年齢と経験年数」ということだと思います。 […]

[» 続きを見る]

うつ病の症例

30代女性。 2人目出産後から両足の大腿部の内側に違和感を感じていたが、「完璧な母親でありたい」という思いから家事・育児にと奮闘しすぎたことにより産後うつとなる。 大腿部の違和感は整形外科でMRI検査にて腰椎椎間板ヘルニ[…]

[» 続きを見る]

婦人科疾患の原因

このようなお悩みはありませんか? ・なかなか妊娠できない ・生理痛 ・子宮内膜症 ・子宮腺筋症 ・子宮筋腫 ・卵巣嚢腫 ・月経前症候群(PMS) ・その他生理前の不快な症状 東洋医学は西洋医学とは違い、誰もが持っている自[…]

[» 続きを見る]

葛根湯について

テレビのCMでもお馴染みの葛根湯。 風邪の引き始めに服用すると効果があり、病院でも処方されることがある、漢方薬の中でも非常になじみのある薬。 しかし、この葛根湯は風邪の初期に服用すれば必ず効果があるとは限りません。 葛根[…]

[» 続きを見る]