o0960096013800487053

関連記事

手湿疹の改善例

10月より来院されている患者さん。 4回目の治療を終えてからあまり良く眠れていなかったが眠れるようになり、その後に副鼻腔炎になってしまったが、副鼻腔炎が治るとともに手湿疹も改善された。

ジストニアに対する鍼灸治療

ジストニアとは脳の大脳基低核という部分に何らかの異常が起きることにより、自分の意思とは関係なく筋肉が収縮し、筋肉が緊張した状態が起こってしまう神経系の難病になり、命の関わることはありませんが、日常生活には大きな影響が出て[…]

[» 続きを見る]

副鼻腔炎(蓄膿症)

副鼻腔炎とは俗にいう蓄膿症になり、前頭洞、篩骨洞、上顎洞、蝶形骨洞からなる副鼻腔という空洞に細菌やウイルス感染により炎症が起き、鼻づまりや鼻水、頭痛、頭重感、歯痛、嗅覚の低下、後鼻漏(鼻水が喉に落ちる)などの症状が出ます[…]

[» 続きを見る]

聴力検査アプリ

最近、耳鳴りや難聴の方が来院されることが多いため、自分でも治療後に聴力の回復具合の目安となることができないだろうか?と悩んでいました。 そこで、駄目もとでスマホのアプリで検索すると「聴力検査」というアプリを発見! なかな[…]

[» 続きを見る]

肌の乾燥がシワの原因になる理由とは?

こんにちは。 蓬祥鍼灸院の長谷川です。 今回は久しぶりに美容をテーマにしたお話で、年齢とともに気になる「シワ」についてです。 コンテンツ1 肌の乾燥がシワの原因になる理由とは?2 肌の乾燥によってできるシワは消しやすい3[…]

[» 続きを見る]