風邪にご注意

28c9fa5fd685aae240bca591b156da9e_s

本日、来院された患者さんとの会話の中でこんな会話がありました。

患「先生は風邪引いた時は病院行きますか?」

私「自分で治します。」

患「!?風邪も治せるんですか?」

私「大丈夫です。薬は飲みません!」

どうやら数日前まで風邪を引いていたようで、今も喉がイガイガしていたようです。
鍼灸でも風邪の治療は可能ですが、治療する側としては風邪をひかないように注意しています。
風邪を引かなければ治療の必要はありませんからね。

風邪の予防はうがい、手洗い、加湿。
究極?の予防は人混みには行かないということでしょうが、なかなかそうは行かないので人混みのあるところに行く際はマスク着用。

基本的な事ばかりです。
ちなみにこの方の喉のイガイガは治療後には良くなりました。

来週からさらに寒くなるようなので風邪をひかないように気をつけましょう。

Share

関連記事

ストレス体質による花粉症

花粉症の方で最も多いストレスタイプ。 東洋医学では「肝」という部分の問題で起きてくる花粉症となります。 東洋医学では「季節と内臓の関係性」というものがあり、花粉症の多くの方は春に症状を訴えますが、「春と関係のある臓器が肝[…]

[» 続きを見る]

患者には出すけど、医者は飲まないクスリ

先日のYahoo ニュースにこんな記事が上がっていました。 「現役医師20人に聞いた「患者には出すけど、医者が飲まないクスリ」。 内容は実は飲んでもあまり効果がなかったり、副作用がひどいため自分では絶対に飲みたくないが、[…]

[» 続きを見る]

東洋医学に関するお勧め書籍

東洋医学は鍼灸師になるためには必ず勉強しなければならない科目ですが、鍼灸師の中でも東洋医学に対して好き・嫌いが分かれています。 そのため、一般の方が東洋医学について勉強するのは非常に大変です。 でも、興味があるという方に[…]

[» 続きを見る]

サーキュレーターで問題解決!

新治療院に移転してから早4ヶ月が経ちました。 夏は快適に治療ができていましたが、問題は冬でした! 壁には断熱材が入っていますが、床はコンクリートに直接フロアタイルを貼り付けているため、底冷え+入り口のガラスからの冷気で間[…]

[» 続きを見る]

運動を続けるコツは先を見据えること

こんにちは。 蓬祥鍼灸院の長谷川です。 私の運動暦は5歳頃~小5まで剣道。 小学校4年~22歳までバスケ。 小学校6年時に陸上を少々。 現在は週2でジム通いという運動歴になります。 剣道を始めた理由は分からなかったので2[…]

[» 続きを見る]