東洋医学の考え方

東洋医学の考え方は非常に独特なため、一般の方にはなかなか難しい部分があり、鍼灸師でさえ敬遠される方が多いのです。
そのため、東洋医学の考え方を身近なもので例えてみました。
東洋医学で治療を行う際にはまずはその方の生活習慣からなる「体質」を見極める必要があります。
この体質に関して今ではほとんどの方が持っているであろう「スマートオフォン」に例えていきます。

65dfa8d077e63f98e93f1f45890b01ad_s

 

スマホはバッテリー(電気)で動いていますが、このバッテリーが不足したり接触不良により電気の流れが悪くなると使用できなくなったり、不具合が出てきます。

そこで「スマホが故障・使えない状態=身体の不調」と考えてください。

それでは本題に入りましょう。
スマホが故障したり、使えなくなる状態としては以下が考えられます。
①バッテリーの消耗
②接触不良
③水濡れ
④熱暴走

①バッテリーの消耗=「気虚体質」「血虚体質」「陽虚体質」「陰虚体質」
スマホはバッテリー(電気)で動いていますが、このバッテリーは使えばなくなり、0になれば当然使えなくなります。
この状態を東洋医学では「気虚体質」や「血虚体質」「陽虚体質」「陰虚体質」と言います。
身体にとって必要なものが不足したために身体に不調が出ている状態です。

②接触不良=「気滞体質」や「瘀血(おけつ)体質」
スマホは機械であるため、本体の中で接触不良が起こり電気の流れが悪くなれば故障したり、何かしらの不具合が出てきます。
この状態を「気滞体質」や「瘀血(おけつ)体質」と言います。
身体にとって必要なものの流れが悪くなった状態です。

③水濡れ=「痰湿体質」
今では防水性が高まっていますが、それでもやはり水濡れは故障の原因となりえます。
東洋医学では身体に余分な水分が溜まった状態で「痰湿体質」と言います。
水分の取りすぎや水はけが悪くなった除隊です。

④熱暴走=「熱体質」
スマホを長時間使用したり、バッテリーを過度に充電すると本体が熱を持ってきて、バッテリーの消耗が早くなることがあります。
この状態をはそのままですが「熱体質」と言います。
ストレスでイライラして身体が火照ってくる状態になります。

人の身体の中も目には見えない「気・血・水」が流れていますが、これらの流れが悪くなったり、不足すると身体に不調が出てきます。
東洋医学ではこのように病気や病名で治療方針を決めるのではなく、あくまでも個人の体質を見極めて治療を行っていきます。

Share

関連記事

便秘薬に頼りすぎないで下さい

便秘でお悩みの女性も意外と多くいらっしゃいます。 便秘の薬と言えば昔からのCMでおなじみの「便秘薬にはコー○ック」ですが、飲んでいる方はいらっしゃるでしょうか? もし飲んでいる方がいましたら、すぐに止めるようにしましょう[…]

[» 続きを見る]

大豆が更年期の方にお勧めの理由

コンテンツ1 大豆の力で更年期を乗り切ろう2 大豆の力とは?2.1 イソフラボンの効果2.2 大豆が含まれる食品3 このような方は大豆の取り過ぎにはご注意を!4 まとめ 大豆の力で更年期を乗り切ろう 更年期でお悩みの方は[…]

[» 続きを見る]

鍼灸院はどうやって選ぶ?

不妊症に限らず鍼灸院を探している方にとってはどこに行けばいいのか悩むことがあるかと思います。 一番は実際に知人や友人で鍼灸治療を受けている方がいれば直接どんな感じなのかを聞くことができますが、意外と周りにはいないことの方[…]

[» 続きを見る]

内装工事~下地組みが終わりました~

こんにちは。 蓬祥鍼灸院の長谷川です。 本日もお昼休みに内装工事の進み具合をチェックしてまいりました! 「ここからは早いですよ」という言葉に偽りなし! まさかの一日で天井、壁、間仕切りのLGS(軽量鉄骨)による下地組みが[…]

[» 続きを見る]

「夏バテ」のセルフケア

お盆が終わりましたが楽しめましたか? 毎年のことですが、帰省ラッシュに会い逆に疲れたなんて方もいらっしゃるかもしれませんね。 さて、前回に続いて夏バテに関してですが、前回は東洋医学では夏バテをどのように考えるのかをお伝え[…]

[» 続きを見る]