妊娠に至るまでの期間

当院で週1回の鍼灸治療を行い自然妊娠に至るまでの期間は平均で約6ヶ月。
比較的多いのがPCOS(多嚢胞卵巣症候群)になりますが、逆に少ないのが病院では問題が見つからない原因不明の不妊症の方。
そのためか、自然妊娠に至るまでの期間の平均は少し長めかもしれません。

基礎疾患がある方でも早い方では1ヶ月で妊娠するケースもありますが、1年近くかかることもあるため、やはり根気よく治療は行なう必要があります。
また、少しでも早く体質改善するためには治療とともに生活習慣の改善も行なうことが大切です。

Share

関連記事

更年期や閉経後に不正出血が起きる理由とは?

コンテンツ1 更年期や閉経後に不正出血になるのははぜ?2 ホルモンバランスと不正出血の関係は?2.1 ホルモンバランスの問題だけではない!更年期以降の不正出血の原因3 更年期や閉経後に不正出血が起きた場合の対策は?3.1[…]

[» 続きを見る]

母乳の出が良くなるツボ

母乳の出が悪い時に使用するツボをご紹介いたします。 その前に、東洋医学では母乳の出が悪くなる原因は主に2つあります。 ①肝鬱気滞 ②気血両虚 ①に関してはストレスが原因となります。 肝と関連している経絡が乳房の周りを走行[…]

[» 続きを見る]

太衝穴

ストレスにより気の流れが悪くなった状態を肝鬱気滞といいますが、この場合には「疏肝(そかん))という肝気の流れを良くしなければいけません。 その際によく使用されるのが太衝というツボになります。 正しくツボが取れればこのツボ[…]

[» 続きを見る]

うつ病だと思ったら実は認知症だった

以前うつ病ということで当院へ来院されていた方のお話です。 仕事の激務により病院にてうつ病と診断され服薬にて治療を行っていたが、なかなか改善されないために鍼灸治療を希望されて当院へ来院されましたが、お話を聞いていると「うつ[…]

[» 続きを見る]

ストレスの秘密

ストレスは万病の元などということもあり、ストレスで体調を崩す方は現代ではかなり多いかと思います。 しかし、「ストレスがあった方が良い」と言い切る方がいます。 その人物がスタンフォード大学 健康心理学者 ケリー・マクゴニガ[…]

[» 続きを見る]