この言葉は意外と使われることが多いですが、この言葉の意味としては「1つのことに集中できない」よいう意味になるが、鍼治療でも同じようなことがいえます。
鍼治療というとテレビでは背中や肩にたくさんの鍼を打たれていることが多いですが、まさにこれでは「気が散る」といえます。

たくさんの鍼を打てツボの力が分散され治癒力が低くなってしまうが、仮に1本の鍼を「ここだ!」というツボに刺すことができれば、まさに気が散ることがなく、1つのツボの力に集中的に働きかけることができツボの力は最大限に引き出すことができます。

そのために詳細な問診や全身のツボの観察、脈、舌、お腹などを診せていただいているためご協力お願い致します。

Share
---------------------------------------------------------------------
名古屋市中川区の蓬祥鍼灸院は薬に頼りたくない方や病院で良くならない方に
対して東洋医学の面から治療を行う鍼灸院です。
〒454-0911
愛知県名古屋市中川区高畑1-89 グリーンハイツ高畑1F
TEL 052-355-6866
友だち追加
---------------------------------------------------------------------