どうして右手だけ打つのか?

21z1fodyxthcqrp1476490109

治療中に時々ですが、「どうして右手にだけ打つんですか?」というご質問を頂きます。

ツボは体のお腹側と背中側の真ん中以外は左右対称に存在します。
一般的な鍼治療を行っている鍼灸院ではこの左右のツボに鍼を刺しますが、当院では左右どちらかにしか鍼は刺しません。
ではどのように決めているかというと、ツボの反応で決めています。
どのような反応かというと
①圧痛
②凹み
③硬結
④熱いまたは冷たい
⑤発汗

上記のような反応が左右差として最も出ているツボに対してのみ鍼を打つため左右どちらかになり、また非常に少ない鍼での治療となります。
左右対称にあるツボのバランスの乱れを整えることで、病気を治していきます。

Share

関連記事

病は気から

昔から「病は気から」という言葉を聞くと思います。 この意味は「病気は気の持ちようによって、良くも悪くもなるということ。」 心配事や考え込んだりすると病気になりやすく、病状を悪化させることもあるため、常に前向に気持ちも明る[…]

[» 続きを見る]

東洋医学から診た夏バテ

毎日、毎日、毎日暑い日が続く今年の夏。体調はいかがでしょうか? 夏バテになってはいませんか? 夏バテの症状といえば食欲不振、体のだるさ、疲れやすさなどがありますが、一言で言うと『夏の体の不調』ということです。 西洋医学で[…]

[» 続きを見る]

身体を温める力が低下した「陽虚体質」

気には身体を温める働きがありますが、この機能が低下した状態になります。 このタイプの方はベースには気虚があり、ここに冷えによる症状が加わってきます。 主な原因としては普段から冷たい物を飲食したり、薄着などで長時間にわたり[…]

[» 続きを見る]

チャレンジ!

10年ほど前からでしょうか? 納豆トーストが旨い!という話を聞いていましたが、いくら納豆好きとはいえ、やはり一歩踏み出す勇気がありませんでした。 しかし、知人にも納豆トーストが旨いと言われたので、ネットで調べると色々なレ[…]

[» 続きを見る]

子宮筋腫とエストロゲンの関係

閉経後も子宮筋腫が小さくならない こんにちは。名古屋の鍼灸師こと蓬祥鍼灸院の長谷川です。 子宮筋腫とエストロゲンの関係ですが、一般的には子宮筋腫はエストロゲンの影響で大きくなり、閉経することによりエストロゲンの分泌が少な[…]

[» 続きを見る]