どうして右手だけ打つのか?

21z1fodyxthcqrp1476490109

治療中に時々ですが、「どうして右手にだけ打つんですか?」というご質問を頂きます。

ツボは体のお腹側と背中側の真ん中以外は左右対称に存在します。
一般的な鍼治療を行っている鍼灸院ではこの左右のツボに鍼を刺しますが、当院では左右どちらかにしか鍼は刺しません。
ではどのように決めているかというと、ツボの反応で決めています。
どのような反応かというと
①圧痛
②凹み
③硬結
④熱いまたは冷たい
⑤発汗

上記のような反応が左右差として最も出ているツボに対してのみ鍼を打つため左右どちらかになり、また非常に少ない鍼での治療となります。
左右対称にあるツボのバランスの乱れを整えることで、病気を治していきます。

Share

関連記事

女性アスリートと月経③

女性アスリートと月経第3弾。 第1弾は「無月経が疲労骨折を招く」。 第2弾は「女性ホルモン(エストロゲン)の不足が無月経を招く」。 今回は女性ホルモンが不足するとなぜ無月経になり、疲労骨折を招くのか? まず女性ホルモンで[…]

[» 続きを見る]

なかなか止まらない不正出血の原因は胃腸の弱りが原因かも?

コンテンツ1 胃腸と不正出血の関係とは?2 東洋医学での胃腸について2.1 脾不統血とはどんな状態?3 鍼灸治療の効果は?自分でできる対策は? 胃腸と不正出血の関係とは? 様々な原因で起きる不正出血ですが、東洋医学には独[…]

[» 続きを見る]

2017 花粉シーズン突入

ウェザーニュースによると東海地方は昨日から花粉シーズン突入となりました。 花粉症の方に日常生活で注意していただきたいことは ①しっかりと睡眠を取る ②ストレスを溜めない ③飲酒や甘いものは控える ④整腸作用のある食べ物を[…]

[» 続きを見る]

甲状腺について

甲状腺(こうじょうせん)は甲状軟骨という喉の骨にある甲状腺ホルモンを分泌する内分泌器官。 ・甲状腺ホルモンの分泌量が増えると甲状腺機能亢進症、通称「バセドウ病」 ・分泌不足になると甲状腺機能低下症 ・炎症が起きると「橋本[…]

[» 続きを見る]

低音障害型難聴に対する鍼灸治療の症例

コンテンツ1 37歳 女性 低音障害型難聴2 体表観察、弁証、治療について3 考察 37歳 女性 低音障害型難聴 今年のGW明けの週末の昼休み中に会社でテレビを観ているとテレビから聞こえてくる音や周りの人の声が二重に聞こ[…]

[» 続きを見る]