体育の日

本日は体育の日。
「体育の日(10月10日)は必ず晴れる」というデータから1964年の東京オリンピックはこの日に決まったそうです。
このジンクスは今でも変わらないようです。

今日の新聞に運動週間に関する記事がありました。
2015年の運動能力調査のデータになりますが、高齢者と小学生~大学生は向上したが、30代女性に関しては低下傾向にあるようです。
以外だったのが小学生が向上傾向ということ。昔に比べて外で遊んでるイメージがないですし、実際にあまり見かけないですからね。

30代女性が低下傾向にある理由としてはやはり「仕事」、「家事」、「育児」になります。
今、ジムに通っていますが確かに高齢者は結構いますし、20~50代ぐらいの男性も結構います。しかし、時間帯の問題や会員制のジムではないこともあるかもしれませんが私が通っているジムでは20~40代の女性はあまり見かけないため妙にこのデータに納得してしまいました。
また、「忙しい中でも運動習慣をつける対策が必要だ。」ということですが、それが難しいからこういう結果になってるのでは?ということ。
例えば、年齢にもよりますが、ジムに通ってる方のお子さんは無料で何かしらの運動を教えてもらえるとかすれば利用者は増えるし、子供も運動が好きになる可能性も出てくると思うんですがね。
なかなか難しいんでしょうか?

ではきっと混んでる予感がしますが、本日も行って参ります。

Share

関連記事

初診を希望される方へのお願い

時々ですが、ホームページの内容をほとんど確認されないままご予約をされようとする方がいらっしゃいますが、まずはしっかりとホームページの内容を確認いただきますようお願い致します。 ホームページには皆さんが治療を受けるに当たっ[…]

[» 続きを見る]

セルフケアってなぜ必要なの?

コンテンツ1 セルフケアってなぜ必要なの?2 肌のセルフケアはするのになぜ心身のセルフケアはしないの?3 セルフケアをすれば医療費は減る4 どんなことをすればいいの?4.1 ストレス発散4.2 休息を取る4.3 運動をす[…]

[» 続きを見る]

本当に凄い鍼灸師ができること

本当に凄い鍼灸師が出きることは○○です。 考えていただけたでしょうか? ではでは、本当に凄い鍼灸師とはどんなひとか? 「患者さんが訴えている症状を悪化させることができる、または健康な人の体調を崩すことができる人。」 意外[…]

[» 続きを見る]

多嚢胞卵巣症候群を食事で改善する方法

コンテンツ1 多嚢胞卵巣症候群を薬を使わずに改善する方法2 多嚢胞卵巣症候群と食事の関係3 血糖値の急上昇を防ぐ食事法3.1 糖質以外は制限しないこと4 まとめ 多嚢胞卵巣症候群を薬を使わずに改善する方法 比較的若い女性[…]

[» 続きを見る]

刺絡の効果

鍼治療といえば髪の毛ほどの細さの鍼をツボに刺す治療のことになるが、実はこれ以外にも少し特殊な治療法が存在します。 それが「刺絡」という治療法。 刺絡とは指先や皮下にある毛細血管に特殊な鍼を刺し、瘀血(おけつ)と呼ばれる悪[…]

[» 続きを見る]