つわりの意外な事実?

妊娠時のつわりに関しての意外な事実が判明?

妊娠初期に起きやすい「つわり」ですが、酷い方では出産するまでつわりがあり、食事がほとんど取れない方もいます。
当院にもつわりの影響で10㌔体重が落ちたという方が来院されたことがあります。

しかし、アメリカの話になりますが、妊娠時のつわりが流産のリスクを低減し、胎児保護の作用があるという論文が発表され、実際に797人の女性を対象に研究が行われ、つわりが流産のリスクを50〜75%低下させていたそうです。

つわりが流産のリスクを低下させる要因は、つわりにより食事量が減ることにより、胎児が毒素にさらされるリスクが低下することで、健全な妊娠が促される可能性があるそうですが、まだしっかりとした理由は分かっていないそうです。

しかし、数字が物語っているようにつわりと流産のリスク低下は何かしら関連がありそうです。

ということは治療はしない方がいいのか?
軽いつわりならいいかもしれませんが、やはり酷い方は治療しましょう。

Share

関連記事

サーキュレーターで問題解決!

新治療院に移転してから早4ヶ月が経ちました。 夏は快適に治療ができていましたが、問題は冬でした! 壁には断熱材が入っていますが、床はコンクリートに直接フロアタイルを貼り付けているため、底冷え+入り口のガラスからの冷気で間[…]

[» 続きを見る]

名古屋でら得プレミアム商品券

本日、名古屋でら得プレミアム商品券の発売日! 販売店では早い時間から行列のようです。 しかし、このプレミアム商品券の販売方法や時間は何とかならなかったのでしょうかね? この猛暑の中で10時~の販売はちょっと遅いんじゃない[…]

[» 続きを見る]

不妊とアトピーの異病同治

30代女性 3年前に結婚し、数ヵ月後に自然妊娠するも8wで流産。 その後は1度も陽性反応が出ず、昨年から婦人科を受診し血液検査をするも特に問題は見つからないため、クロミッドとタイミング方による治療が開始。 アトピーは高校[…]

[» 続きを見る]

○○と子宮の関係

○○は子宮と関係があります。 さて、何でしょうか? 答えは「唇です」! 唇というのは子宮の反射区で、反射区というのはいわゆる「足ツボ」のようなものになります。 不妊治療で人工授精以上にステップアップしてしまうと性行為どこ[…]

[» 続きを見る]

身体に熱がこもった「実熱体質」

このタイプは主に気滞体質の方がなりやすい体質になります。 気滞というのは気の流れが悪い状態になりますが、ちょっとイメージしてみましょう。 人口密度が高く、人の流れが悪い場所では室内温度は高くなりますよね? このような状況[…]

[» 続きを見る]