汗疹(あせも)による痒み

img_0163-1024x383

10年ほど前から下腹部にできた汗疹(あせも)の痒みでお悩みの50代男性。
初回は奥様に連れられての来院。
昔から湿疹ができやすい体質ではあったが、この10年ほどはまったく症状が変わらず痒みがひどく常に掻いている状態で、奥様がこれ以上はステロイドを使用したくないということで東洋医学での治療を選択。

肝腎陰虚証と考えて、初回から左照海(内くるぶしの少し下)に25分置鍼。
週2回のペースで治療を行っていくと3診目で痒みが治まり、6診目で皮膚の状態もかなり良くなり、痒みもほとんどなくなる。

※写真は初回と6診目の写真

Share

関連記事

毎年春先に起きるパニック障害の症例

コンテンツ1 30代 女性 パニック障害2 弁証および治療について3 考察 30代 女性 パニック障害 【現病歴と既往歴】 5年前に結婚したことによる引越しと新しい会社に就職したことがきっかけで、引っ越し後2週間でパニッ[…]

[» 続きを見る]

ストレス性の痛みやコリに効果的なツボ

写真は合谷というツボになります。 このツボは知っている方も多いのではないでしょうか? テレビやツボ押しなどの本ではおそらく、肩こりや眼精疲労などに効果的ということで紹介されているかと思います。 この合谷というツボは色々な[…]

[» 続きを見る]

不妊症に対する鍼灸治療の症例集

不妊症を鍼灸治療で改善できるならしたいという方は多くいらっしゃいますが、こんな疑問をお持ちではありませんか? どのくらいのペースで通えばいいの? どのくらいの期間で妊娠できるの? どんな治療をするの? 病院との並行治療は[…]

[» 続きを見る]

早く良くなる方の特徴

・自分の病気がどれぐらいの期間で良くなるのか? ・何回ぐらいで良くなるのか? この2点は全ての方が気になる点だとおもいます。 時々ですがこのようなお問い合わせがありますが、はっきりと言わせていただくと分かりません。 そも[…]

[» 続きを見る]

不正出血の原因~東洋医学編3~

前回は脾不統血という体質により起きる不正出血でしたが、今回は「腎虚」による不正出血のお話です。 この体質で起きる不正出血は比較的、更年期や閉経後に出血してしまう方が多くなります。 【腎とは】 泌尿器、生殖器、脳などと関係[…]

[» 続きを見る]