汗疹(あせも)による痒み

img_0163-1024x383

10年ほど前から下腹部にできた汗疹(あせも)の痒みでお悩みの50代男性。
初回は奥様に連れられての来院。
昔から湿疹ができやすい体質ではあったが、この10年ほどはまったく症状が変わらず痒みがひどく常に掻いている状態で、奥様がこれ以上はステロイドを使用したくないということで東洋医学での治療を選択。

肝腎陰虚証と考えて、初回から左照海(内くるぶしの少し下)に25分置鍼。
週2回のペースで治療を行っていくと3診目で痒みが治まり、6診目で皮膚の状態もかなり良くなり、痒みもほとんどなくなる。

※写真は初回と6診目の写真

Share

関連記事

PMDDに対する鍼灸治療の症例

20代女性のPMDDに対する鍼灸治療の症例です。 PMSの症状がある女性の約5%の方に見られるPMDDですが、鍼灸治療でも改善が可能になりますが、生活習慣の改善も非常に大切です。鍼灸治療だけではなく、日常生活では運動を取[…]

[» 続きを見る]

円形脱毛症 40歳 男性

円形脱毛症(全頭型脱毛症) 40歳 男性 今年の正月に円形脱毛症に気が付くと、一気に複数個所で脱毛が始まる。 昨年も円形脱毛症にはなったことがあり、その際は自然治癒している。 インターネットで色々と調べた結果、まずは他院[…]

[» 続きを見る]

東洋医学の考え方

東洋医学の考え方は非常に独特なため、一般の方にはなかなか難しい部分があり、鍼灸師でさえ敬遠される方が多いのです。 そのため、東洋医学の考え方を身近なもので例えてみました。 東洋医学で治療を行う際にはまずはその方の生活習慣[…]

[» 続きを見る]

鍼で血液検査の結果が良くなる

腰痛で来院されていた50代男性。 糖尿病の既往歴あり。 ・服薬前の血糖値:170~180 ・服薬後の血糖値:150 鍼灸治療5回行い定期健診で血液検査を行なうと130ほどに下がっていた。 今回の場合は糖尿病の治療を行なっ[…]

[» 続きを見る]

三陰交で分かること

足に三陰交という比較的有名なツボがあります。 このツボがなぜ有名なのかというと婦人科疾患の常用穴、つまり婦人科疾患に非常に効果があるとされるツボだからです。 しかし、実際にこのツボを使って治療を行えば婦人科疾患が改善され[…]

[» 続きを見る]