汗疹(あせも)による痒み

img_0163-1024x383

10年ほど前から下腹部にできた汗疹(あせも)の痒みでお悩みの50代男性。
初回は奥様に連れられての来院。
昔から湿疹ができやすい体質ではあったが、この10年ほどはまったく症状が変わらず痒みがひどく常に掻いている状態で、奥様がこれ以上はステロイドを使用したくないということで東洋医学での治療を選択。

肝腎陰虚証と考えて、初回から左照海(内くるぶしの少し下)に25分置鍼。
週2回のペースで治療を行っていくと3診目で痒みが治まり、6診目で皮膚の状態もかなり良くなり、痒みもほとんどなくなる。

※写真は初回と6診目の写真

Share

関連記事

つわりはいつからいつまで続くの?【人によっては出産するまであり】

妊娠したらつわりで苦しむものだと思っていたのにまだ症状がなかったり、妊娠してすぐにつわりが始まり食べれなかったり吐き気がひどいため、この症状がいつまで続くのか知りたい方へ。 今回はつわりに関する疑問や辛いこの時期を乗り越[…]

[» 続きを見る]

運動を続けるコツは先を見据えること

こんにちは。 蓬祥鍼灸院の長谷川です。 私の運動暦は5歳頃~小5まで剣道。 小学校4年~22歳までバスケ。 小学校6年時に陸上を少々。 現在は週2でジム通いという運動歴になります。 剣道を始めた理由は分からなかったので2[…]

[» 続きを見る]

手湿疹の改善例

10月より来院されている患者さん。 4回目の治療を終えてからあまり良く眠れていなかったが眠れるようになり、その後に副鼻腔炎になってしまったが、副鼻腔炎が治るとともに手湿疹も改善された。

何の治療が得意ですか?

こんにちは。蓬祥鍼灸院の長谷川です。 ここ数年で増えてきているのが「○○治療専門」という鍼灸院。 比較的多いのが、不妊専門になり、次いでめまいや耳鳴り専門と出ている鍼灸院になりますが、やはり圧倒的に不妊専門を打ち出してい[…]

[» 続きを見る]

筋トレでうつ病予防

年々増え続けるうつ病の患者数ですが、平成23年では約95万人だったのが、平成26年には110万人に増加しています。 まず始めにうつ病は時間がかかることが多いですが、しっかりと治療をすれば治る病気です。 しかし、もっと大切[…]

[» 続きを見る]