妊娠しました

cd2917412be793e397b85278f1c53287_s

本日、4ヶ月ぶりに娘さんと来院された方から突然のサプライズ報告。
前回の治療後に妊娠が発覚し、酷いつわりに苦しみながらも本日から安定期に入ったとのこと。

元々、喘息の治療がメインではありましたが、1度流産を経験しているため第2子に向けて鍼灸で体作りを行なっていました。
腎虚体質と考えて、右腎兪を中心に治療を始めて5ヵ月で第2子を自然妊娠。
本日はつわりと咳喘息の治療を行い、喉のつかえが取れた模様。

Iさん、おめでとうございます!

Share

関連記事

導入決定

11月から試験的に使用していたセイリンJSPという鍼を導入決定致しました! この鍼の特徴は鍼なのに先端部分がやや丸みを帯びており、この丸みを持たせることにより、刺す時の痛みが軽減されるということ。 最初は使いづらいなぁ。[…]

[» 続きを見る]

筋トレでうつ病予防

年々増え続けるうつ病の患者数ですが、平成23年では約95万人だったのが、平成26年には110万人に増加しています。 まず始めにうつ病は時間がかかることが多いですが、しっかりと治療をすれば治る病気です。 しかし、もっと大切[…]

[» 続きを見る]

子宮内膜症でも妊娠できるの?【不妊症との関係】

子宮内膜症は現代の女性には多く見られる婦人科疾患ですが、子宮内膜症でも妊娠できるかどうか気になる方も多いかと思います。 子宮内膜症でも妊娠できるか?どんな治療をがあるのか?鍼灸治療や漢方薬での治療はどうか?など色々と疑問[…]

[» 続きを見る]

鍼と針の太さの違い

「鍼」と「針」の太さの違いですが、 ・鍼 日本では鍼は鍼灸治療に用いられる針のことを指し、太さは0.14mm~0.3mmほどの太さのものが使用されます。 ・針 苦手な方も多い注射や採血などに用いられる針、その他には裁縫に[…]

[» 続きを見る]

あなたは大丈夫?産後うつを予防するためのセルフケア

こんにちは。 蓬祥鍼灸院の長谷川です。 今回は数年前から問題とされている産後うつに関してです。 産後うつという病気は聞いたことがあるでしょうか?この病気は女性にとってはかなり身近な病気になっており、少し驚きの数字も出てし[…]

[» 続きを見る]