眠気③

前回は脾気虚という胃腸の弱りからの眠気のお話でしたが、今回は湿邪による眠気のお話です。

湿邪とは水分の塊でこの湿邪が身体に溜まると色々な症状が出てきますが、眠気が出てくるのも1つの特徴的な症状ともいえます。
まずこの湿邪がどのようにして身体に溜まるかというと色々とあり
①胃腸の弱り
②ストレス
③脂っこいもの、味の濃いもの、甘いものの過食
④飲酒
⑤湿地帯などの環境
ちなみに日本は島国ゆえ、海に囲まれているため非常に湿じゃの影響を受けやすい環境となります。

では、この湿邪が溜まると眠気が起きるメカニズムですが、湿邪は脾という胃腸に影響を与えやすいという所がポイントになります。
脾は全身の気・血・水の運搬を行なう働きがありますが、身体に湿邪が溜まりすぎると脾の働きでは湿邪(水)を捌ききれなくなります。
そのため、結果的に脳へ送られる気・血が少なくなり眠気が出てくることになります。

結局のところ、胃腸を丈夫にしていなければ眠気が起きる原因になるということです。

Share

関連記事

子宮内膜症の症例

31歳 女性。 子宮内膜症による生理痛があり、生理のたびに痛み止めの薬を服用している。 生理痛は生理の2~3日目にピークがあり、血の塊も500円玉ほどの大きさが毎回出ている。 月経色:赤紫色 弁証:肝鬱気滞血瘀 1診目 […]

[» 続きを見る]

子宮内膜を厚くする方法

名古屋の体質改善請負人こと蓬祥鍼灸院の長谷川です。 子宮内膜の厚さは不妊症との関連も出てきます。 子宮内膜は受精卵が着床する場所であり、8mm以上(理想は10㎜以上)の厚さが着床するためには必要とされていますが、内膜が薄[…]

[» 続きを見る]

先天性股関節脱臼に刺絡が著効

先天性股関節脱臼が原因で起きている、変形性股関節症により股関節から膝にかけて慢性的な痛みを訴えている女性。 歩行状態は右脚を引きずるように歩かれている。 足を診ると下肢静脈瘤と胃経と胆経上に細絡あり。 刺絡を行なうと大量[…]

[» 続きを見る]

花粉症 27歳 男性

幼少期より重度の花粉症。 秋の花粉症ではないが毎年1月下旬頃になるとティッシュが手放せない程の鼻水と目のかゆみがある。 体質的には 『陽虚』 であり、この方は鍼を刺すと1番細い鍼であっても痛がってしまうため、お灸での治療[…]

[» 続きを見る]

たまには自然に触れましょう!

名古屋の蓬祥鍼灸院、長谷川です。 台風&秋雨前線の影響で今週末も雨でややテンション下がり気味です・・・ 秋といえばスポーツの秋、食欲の秋、読書の秋などと言いますが、紅葉シーズンでもあります。 現代社会ではストレスばかりで[…]

[» 続きを見る]