眠気②

前回は現代医学の観点から食後の眠気について書いたので、今回は東洋医学の観点からのお話です。

東洋医学では食後の眠気の原因は主に2つ。
1.脾気虚(胃腸の弱り)
2.湿邪の停滞

まずは脾気虚という胃腸の弱りについて。
脾とは胃腸系全般のことを言いますが、この場所は食べ物から「気・血」を作り出すところです。また、気血を全身に運搬する役目も持っています。
しかし、この脾が弱ることで気血を作り出すことができない、さらに全身へ運ぶこともできず、脳への気血の運搬が行われなくなるために、眠気が起きて頭がボーっとしてきます。

原因は食べ過ぎ、飲み過ぎ、ストレス、甘いものの食べ過ぎ、運動不足など。
セルフケアは上記の原因の逆のことをすること。
胃腸に負担をかけない食事、ストレス発散、適度な運動を行ないましょう。

Share

関連記事

筋緊張型頭痛に対する鍼灸治療の症例

コンテンツ1 30代 男性 筋緊張型頭痛の症例2 弁証および治療について3 考察 30代 男性 筋緊張型頭痛の症例 2019年5月来院。 4月中旬から頭痛がするため、総合病院を受診すると筋緊張型頭痛と診断。薬を処方された[…]

[» 続きを見る]

ツボ押しって効果あるの?

本屋に行くと「ツボ押し」関連の本がたくさんあるかと思いますが、購入された方はいらっしゃいますかね? もしくは、誰かに聞いたり、テレビで見たりして実際にツボ押しを行なったことがある方はどのぐらいいるんでしょうか? そんなツ[…]

[» 続きを見る]

インフルエンザが警報レベル

おはようございます。 名古屋の鍼灸師、長谷川です。 今朝のニュースで知りましたが、愛知県のインフルエンザ情報ですが、警報レベルに達していると出ておりました。 実際に先週ですがお1人インフルエンザでキャンセルされた方がいら[…]

[» 続きを見る]

脱水症状かどうかチェックできる飲み物

こんにちは。 蓬祥鍼灸院の長谷川です。 本日、名古屋市内でも過去最高の40℃を記録しました。 外は地獄・・・エアコンが28℃でもかなり涼しく感じられてしまうほどです。 こんな暑い現在ですが、今年はインターハイが東海地区で[…]

[» 続きを見る]

エネルギー不足の「気虚体質」

体のエネルギーである気が不足しているタイプになります。 誰でも日常生活の中でエネルギーを消費しますが、きちんと食事を取り、しっかりと睡眠をとることができれば翌日には気は回復します。 そして気というのは食べ物から作られます[…]

[» 続きを見る]