眠気②

前回は現代医学の観点から食後の眠気について書いたので、今回は東洋医学の観点からのお話です。

東洋医学では食後の眠気の原因は主に2つ。
1.脾気虚(胃腸の弱り)
2.湿邪の停滞

まずは脾気虚という胃腸の弱りについて。
脾とは胃腸系全般のことを言いますが、この場所は食べ物から「気・血」を作り出すところです。また、気血を全身に運搬する役目も持っています。
しかし、この脾が弱ることで気血を作り出すことができない、さらに全身へ運ぶこともできず、脳への気血の運搬が行われなくなるために、眠気が起きて頭がボーっとしてきます。

原因は食べ過ぎ、飲み過ぎ、ストレス、甘いものの食べ過ぎ、運動不足など。
セルフケアは上記の原因の逆のことをすること。
胃腸に負担をかけない食事、ストレス発散、適度な運動を行ないましょう。

Share

関連記事

1本の鍼と100本の鍼

鍼灸治療にはたくさんの流派があります。 そのため、治療方法も流派ごとに違うことになり、使用する鍼の本数も1回の治療で100本試使用する方法もあれば、10本程度、中には平均2~3本で時には1本の鍼を1箇所にしか刺さずに治療[…]

[» 続きを見る]

肌の乾燥がシワの原因になる理由とは?

こんにちは。 蓬祥鍼灸院の長谷川です。 今回は久しぶりに美容をテーマにしたお話で、年齢とともに気になる「シワ」についてです。 コンテンツ1 肌の乾燥がシワの原因になる理由とは?2 肌の乾燥によってできるシワは消しやすい3[…]

[» 続きを見る]

迷っているのは○○!

迷っているのは○○! 以前某専門学校が出していたキャッチコピーですが、当時は『確かにそうかも!』と思った記憶があります。 ではこの○○に入る言葉をご紹介。 迷っているのはやりたい証拠! 迷うということは確かに『やってみた[…]

[» 続きを見る]

1本の鍼でも体は変わる

1本の鍼を体に刺すだけでも体はしっかりと変化します。 このようなことを言われても正直信じられませんよね。 実は僕もあまり信じてはいませんでした。(笑い) でも今は自信を持って言えます。 なぜなら、現在は平均2~3本ほどの[…]

[» 続きを見る]

四診合参

四診合参とは 望診・聞診・問診・切診の4つことを指し、東洋医学での診察方法のことになる。 今では画像診断や血液診断などを行なえば、身体の異常を発見することができたが、昔はこのようなことは当然行なうことができなかったため、[…]

[» 続きを見る]