ストレスと甘いもの

ストレスが溜まると無性に甘いものが食べたくなることはありませんか?
そして、甘いものを食べると「ホッ」っとします。

これにはちょっとした理由があります。
ストレスがかかると気が張った状態になりますが、甘いものには「気を緩める作用」があります。
つまり、イライラした時に身体が甘いものを求めるのは張り詰めた気を緩めるため。

ただし、単純に甘いものが好きという場合は別です。

Share

関連記事

お電話でのお問い合わせ、ご予約に関して

【お電話でのご予約やお問い合わせに関しての注意点】 ・施術者1人のため、施術中は電話に出ることができなかったり、出るまでに少し時間がかかることがあります。 時々、電話に出ると切ってしまう方がいらっしゃいますが、留守電に切[…]

[» 続きを見る]

ジストニアに対する鍼灸治療

ジストニアとは脳の大脳基低核という部分に何らかの異常が起きることにより、自分の意思とは関係なく筋肉が収縮し、筋肉が緊張した状態が起こってしまう神経系の難病になり、命の関わることはありませんが、日常生活には大きな影響が出て[…]

[» 続きを見る]

ジストニアとストレスの関係とは?

コンテンツ1 ジストニアとストレスの関係2 ジストニアの方が治療以外にすべきこと3 時には決断も必要です ジストニアとストレスの関係 全身のあらゆる筋肉に発症する可能性のあるジストニアですが、現代医学では脳梗塞やうつ病の[…]

[» 続きを見る]

変わった治療

当院の鍼灸治療は基本的には頭部・手足・お腹周りにあるツボを使用して治療を行っています。 一般的には鍼灸治療というのは「患部に刺す」というのが常識になりつつあるので、肩こりなら肩、腰痛なら腰というイメージを持たれている方が[…]

[» 続きを見る]

便秘の症例

20代 女性 就職を期に一人暮らしをはじめた途端に便秘になる。 仕事のストレスもあったが、それ以上に自宅のユニットバスに抵抗があり、トイレは我慢してコンビニや職場でするようになる。 就職するまでは毎日出ていたが、旅行など[…]

[» 続きを見る]