PMSの症状が生理後の方が酷くなる理由

PMSの症状が生理後の方が酷くなる理由

生理後のPMS

多くの方のPMSによる症状は「生理前」に起きるが、中には生理後もイライラや気分の落ち込みなどが続く、または生理後の方が酷くなるという方もいらっしゃいます。
これは東洋医学では「血虚」という体質が関係してきます。
月経前は「肝気の暴走」ですが、「血虚」というのは血液が不足した状態ということです。ただし、「貧血」とは少し違う意味合いになります。
この違いは貧血は血液の濃度の問題、血虚は血液の量の問題になります。

血虚と生理後のPMSの関係とは?

ではなぜ、血虚になると生理後にPMSの症状が酷くなるのかというと、ここが東洋医学ならではの考え方になります。
東洋医学では血液には「心を安定させる作用」があり、現代でいえば「精神安定剤」のような働きがあると考えられています。
そのため、血液が不足しているために心が不安定になった状態ということになります。
さらに、月経は出血を伴うものです。
毎月訪れる月経による一定量の出血でさらに血を消耗するために、月経後に症状が酷くなってしまいます。子宮筋腫などが原因で出血量が多い場合はなおさら生理後の方が症状は酷くなる傾向にあります。

セルフケア

月経後にPMSの症状が酷くなる方は激しい運動は避け軽い運動にし、しっかりとたんぱく質を摂取する必要があります。
また、血液は食べ物を基に胃腸で作られるため、胃腸の弱りが関係している場合は胃腸を整えることも必要になってきますので、体の血を補う三陰交や血海というツボ以外にも、胃腸を整える作用のある足三里や公孫、太白、心神を安定させる作用のある神門や後谿などのツボへのお灸がお勧めになります。

Share

関連記事

鍼灸との出会い

鍼灸との出会いは17年前の高校1年の冬でした。 当時、バスケットボールをやっており、新人戦前で怪我をしていた時にとある方に紹介されたのが鍼灸院。それまでは接骨院にしか行ったことがなく、鍼治療の存在すら知りませんでしたが、[…]

[» 続きを見る]

ホルモンバランスの乱れと東洋医学

こんにちは。 名古屋の鍼灸師、長谷川です。 不妊治療を始める際に多くの方が検査するであろうホルモン値ですが、このホルモンバランスが乱れは色々な原因があります。 ・自律神経系の最高中枢である脳の視床下部の問題 ・副官である[…]

[» 続きを見る]

身体に余分な水分が溜まった「痰湿体質」

体の水分は通常体中を巡り、身体に潤いを与えていますが、このタイプの方は体の中の水分の流れが悪くなることにより、有害な物質である「痰湿」が身体に溜まった状態になります。 体の中に余分な水分が溜まっているため、梅雨の時期や、[…]

[» 続きを見る]

ヘアサイクル

こんにちは。 名古屋の鍼灸師こと、体質改善請負人の長谷川です。 今日はヘアサイクルについてです。 ヘアサイクル、つまり髪の毛の周期に関することです。 髪の毛は常に同じ1本が生え続けているわけではありません。 1本の髪の毛[…]

[» 続きを見る]

貧乏ゆすりの効果

はぁ?っという感じのタイトルですが、まじめな話です。 世間一般では貧乏ゆすりは行儀が悪い行為になりますが、意外とこの貧乏ゆすりの効果は侮れません。 貧乏ゆすりは足を小刻みに動かすため、足の筋肉を使うことになります。 その[…]

[» 続きを見る]