PMSの症状が生理後の方が酷くなる理由

PMSの症状が生理後の方が酷くなる理由

生理後のPMS

多くの方のPMSによる症状は「生理前」に起きるが、中には生理後もイライラや気分の落ち込みなどが続く、または生理後の方が酷くなるという方もいらっしゃいます。
これは東洋医学では「血虚」という体質が関係してきます。
月経前は「肝気の暴走」ですが、「血虚」というのは血液が不足した状態ということです。ただし、「貧血」とは少し違う意味合いになります。
この違いは貧血は血液の濃度の問題、血虚は血液の量の問題になります。

血虚と生理後のPMSの関係とは?

ではなぜ、血虚になると生理後にPMSの症状が酷くなるのかというと、ここが東洋医学ならではの考え方になります。
東洋医学では血液には「心を安定させる作用」があり、現代でいえば「精神安定剤」のような働きがあると考えられています。
そのため、血液が不足しているために心が不安定になった状態ということになります。
さらに、月経は出血を伴うものです。
毎月訪れる月経による一定量の出血でさらに血を消耗するために、月経後に症状が酷くなってしまいます。子宮筋腫などが原因で出血量が多い場合はなおさら生理後の方が症状は酷くなる傾向にあります。

セルフケア

月経後にPMSの症状が酷くなる方は激しい運動は避け軽い運動にし、しっかりとたんぱく質を摂取する必要があります。
また、血液は食べ物を基に胃腸で作られるため、胃腸の弱りが関係している場合は胃腸を整えることも必要になってきますので、体の血を補う三陰交や血海というツボ以外にも、胃腸を整える作用のある足三里や公孫、太白、心神を安定させる作用のある神門や後谿などのツボへのお灸がお勧めになります。

Share

関連記事

花粉症の症状は朝が1番辛い?モーニングアタックとは

こんにちは。 元アレルギー性鼻炎の蓬祥鍼灸院 長谷川です。 本日は花粉症の方にとってはおなじみとも言える寝起きの花粉症の症状に関してのお話です。 私自身アレルギー性鼻炎でしたが、モーニングアタック自体は経験したことがない[…]

[» 続きを見る]

ヒーリングミュージックの効果

ヒーリングミュージックとは心理的な安心感を与えたり、気持ちをリラックスさせる効果のある音楽のことで、波の音や小川のの流れる音、小鳥の泣き声などが代表的になります。 このヒーリングミュージックには「癒し」の効果があり、聴く[…]

[» 続きを見る]

身体を温める力が低下した「陽虚体質」

気には身体を温める働きがありますが、この機能が低下した状態になります。 このタイプの方はベースには気虚があり、ここに冷えによる症状が加わってきます。 主な原因としては普段から冷たい物を飲食したり、薄着などで長時間にわたり[…]

[» 続きを見る]

半年前からの膝の激痛に対する症例

50代 女性 主訴:両膝の痛み 半年前から両膝に激痛があり、整形外科でレントゲンを撮るも異常なく、医師からは加齢によるものと、体重の増加を指摘される。 病院での処置は水が溜まっているため水を抜くだけ。 以後、1週間から1[…]

[» 続きを見る]

風邪の予防②

昔から行なわれている健康法の1つに「乾布摩擦」というのがあり、これは乾いた布で皮膚を直接こすり皮膚を鍛える健康法。 乾布摩擦の効果として以下がある。 ①体温調節機能の向上 ②風邪の予防 ③リラックス効果や安眠効果 今回は[…]

[» 続きを見る]