PMSの症状が生理後の方が酷くなる理由

PMSの症状が生理後の方が酷くなる理由

生理後のPMS

多くの方のPMSによる症状は「生理前」に起きるが、中には生理後もイライラや気分の落ち込みなどが続く、または生理後の方が酷くなるという方もいらっしゃいます。
これは東洋医学では「血虚」という体質が関係してきます。
月経前は「肝気の暴走」ですが、「血虚」というのは血液が不足した状態ということです。ただし、「貧血」とは少し違う意味合いになります。
この違いは貧血は血液の濃度の問題、血虚は血液の量の問題になります。

血虚と生理後のPMSの関係とは?

ではなぜ、血虚になると生理後にPMSの症状が酷くなるのかというと、ここが東洋医学ならではの考え方になります。
東洋医学では血液には「心を安定させる作用」があり、現代でいえば「精神安定剤」のような働きがあると考えられています。
そのため、血液が不足しているために心が不安定になった状態ということになります。
さらに、月経は出血を伴うものです。
毎月訪れる月経による一定量の出血でさらに血を消耗するために、月経後に症状が酷くなってしまいます。子宮筋腫などが原因で出血量が多い場合はなおさら生理後の方が症状は酷くなる傾向にあります。

セルフケア

月経後にPMSの症状が酷くなる方は激しい運動は避け軽い運動にし、しっかりとたんぱく質を摂取する必要があります。
また、血液は食べ物を基に胃腸で作られるため、胃腸の弱りが関係している場合は胃腸を整えることも必要になってきますので、体の血を補う三陰交や血海というツボ以外にも、胃腸を整える作用のある足三里や公孫、太白、心神を安定させる作用のある神門や後谿などのツボへのお灸がお勧めになります。

Share

関連記事

動眼神経麻痺の治療経過報告

昨年の12月からお越しの40代女性。 数年前に交通事故に遭い、動眼神経麻痺を発症。 ※動眼神経とは光を取り込む瞳孔を収縮させたり目を開く(まぶたを上げる)ための筋肉を動かす神経。 そのため、軽度の眼瞼下垂、瞳孔は開きっぱ[…]

[» 続きを見る]

子宮内膜症でも妊娠できるの?【不妊症との関係】

子宮内膜症は現代の女性には多く見られる婦人科疾患ですが、子宮内膜症でも妊娠できるかどうか気になる方も多いかと思います。 子宮内膜症でも妊娠できるか?どんな治療をがあるのか?鍼灸治療や漢方薬での治療はどうか?など色々と疑問[…]

[» 続きを見る]

「歩く」と「辛い」に秘められた意味

「少し」「止まる」と書いて「歩く」。着実に前に進んでいます。 「辛い」という漢字は「幸せ」になる途中。 ====================================================== 昨日の[…]

[» 続きを見る]

チャレンジ!

10年ほど前からでしょうか? 納豆トーストが旨い!という話を聞いていましたが、いくら納豆好きとはいえ、やはり一歩踏み出す勇気がありませんでした。 しかし、知人にも納豆トーストが旨いと言われたので、ネットで調べると色々なレ[…]

[» 続きを見る]

女性アスリートと月経①

元々、スポーツトレーナーを目指していたので、たまにはスポーツ関連のネタをご提供します。 全国大会などに出場するなど本格的にスポーツをしている女性の2割が疲労骨折を経験しているそうです。 疲労骨折とは正常な骨であれば骨折す[…]

[» 続きを見る]