PMSは東洋医学ではどう考えるか?

東洋医学でのPMSの基本的な考え方

PMSでお悩みの方に多いのがストレスとの因果関係です。
家庭環境の問題や、進学・就職・結婚・出産などによる大きな環境の変化をきっかけに徐々に症状が出てきます。
PMSの症状は多くの方は月経前に出現しますが、東洋医学では主に「肝」という臓器の異常と捉えます。
この肝には「気の流れを良くする作用」がありますが、ストレスともっとも関係のある臓器でもあり、ストレスにより肝に負担がかかり、気の流れが悪くなるとPMSのような症状が出てきます。(肝鬱気滞)
また、月経前にこのような症状が出るのは、この肝には「排卵」とも関係しているため、排卵日、つまり高温期に入る時期になると肝気が高ぶるため、普段からストレスがある方はストレスの影響でさらに肝気が高ぶってしまうことが原因となります。

なぜ色々な症状が出てくるのか?

PMSの症状は精神面での症状だけではなく、身体的な症状まで多岐に渡りますが、なぜこのようなことが起きるのでしょうか?
その答えは肝が他の臓器にまで影響を与えてしまうためになります。
西洋医学では肝臓と肺、腎臓、心臓、脾臓、胃、膀胱などは別々の臓器あり、体に異常があれば各臓器を別々に診ていくことになります。しかし、東洋医学では臓器は全てつながりを持っているという考え方があるために、臓器を別々に観ていくということはしないという特徴があります。
詳細はこちら→バランスを取り合う五臓六腑

①心に影響
不眠、情緒不安定、激しいイライラ、気分が落ち着かないなど

②脾胃に影響
過食、吐き気、眠気、頭がボーっとするなど

③肺に影響
咳、喘息の悪化、アトピーの悪化、肌荒れなど

東洋医学ではこのように1つの臓器に異常が起きれば、他の臓器にも影響が出てくることがあるという考え方を常に意識しながら体の状態を診ていきます。

東洋医学的なPMSの体質

【肝鬱気滞証】
イライラ、怒りっぽい、生理前に胸や下腹部が張る、ガスが溜まりやすい、肩こり、腰痛、頭痛など

【肝鬱化火証】
イライラ、怒りっぽい、生理前に胸や下腹部が張る、頭痛、目の充血、口が苦い、月経周期が早め、月経血が深紅色など

【心肝火旺証】
イライラ、怒りっぽい、顔面紅潮、目の充血、頭痛、不眠、口が苦い、月経周期が早め、月経血が深紅色など

【肝胃不和証】
イライラ、怒りっぽい、ゲップが出やすい、胸焼け、胃痛など

【肝脾不和証】
イライラ、怒りっぽい、食欲不振、下痢をしやすい、気分が落ち込むなど

【肝陽上抗証】
イライラ、怒りっぽい、頭痛、めまい、耳鳴り、目の充血、不眠、足腰がだるいなど



プロフィール
【取得資格】
はり師、きゅう師、あん摩・マッサージ・指圧師

【鍼灸師になったきっかけ】
小学校から専門学校までバスケットボールをしており、高校時代に某高校のバスケットボール部のトレーナーをしている方の鍼灸院に怪我の治療でお世話になったことがきっかけ。
高校卒業後はスポーツトレーナーを目指し、トライデントスポーツ健康科学専門学校※現名古屋平成看護医療専門学校に通い、卒業後に名古屋鍼灸学校にてはり師、きゅう師、あん摩・マッサージ・指圧師国家資格を取得。
現在は不妊症をはじめとした婦人科疾患や皮膚疾患、精神疾患などの治療に力を入れております。

蓬祥鍼灸院公式LINE
Share

関連記事

【西洋医学が苦手な疾患】自律神経失調症に対する鍼灸治療の症例

辛い症状があるのに検査をしても特に異常が見つからない原因不明の体調不良である自律神経失調症ですが、原因がはっきりしないため西洋医学では苦手な疾患になります。 しかし、鍼灸治療、特に東洋医学をベースにした鍼灸治療では乱れた[…]

[» 続きを見る]

ごま油で花粉症対策

花粉症の方にはごま油を摂ることをお勧めしていますが、その理由はごま油に含まれる「αリノレン酸」。 このαリノレン酸にはアレルギーを抑制する作用や抗炎症作用があり、中でもお勧めなのが「えごま油」になります。 このえごま油を[…]

[» 続きを見る]

人も家電もメンテナンスが大事

こんにちは。 名古屋の体質改善請負人こと、蓬祥鍼灸院の長谷川です。 いきなりですが、電化製品は現代ではなくてはならない物となっていますが、長年使用しているとやはり故障して使えなくなってしまいます。 【電化製品であれば故障[…]

[» 続きを見る]

先天性股関節脱臼に刺絡が著効

先天性股関節脱臼が原因で起きている、変形性股関節症により股関節から膝にかけて慢性的な痛みを訴えている女性。 歩行状態は右脚を引きずるように歩かれている。 足を診ると下肢静脈瘤と胃経と胆経上に細絡あり。 刺絡を行なうと大量[…]

[» 続きを見る]

バルトリン腺膿瘍

バルトリン腺とは腟の入口付近にある左右一対の腺で、性行為を滑らかにするための液を分泌しています。 この分泌腺にブドウ球菌、淋菌(りんきん)、バクテロイデス、クラミジア・トラコマチスなどが感染して炎症を起こす病気で、外陰部[…]

[» 続きを見る]