産後うつ③

825b18af478f478fe7c1584ac0076568_s

産後うつを防ぐために効果的なこととして「運動」がある。
運動といっても誰でも簡単に行なうことができる散歩を1日15~30分行なうだけで産後うつの予防にも繋がる。
産後うつは育児ストレスも大きな原因となり、育児中は何かと家にこもりがちで些細なことでイライラしがちになるが、適度な運動をすることはストレス発散にもつながり、心もリフレッシュすることができ、出産で低下した体力もつけることができる。

東洋医学的にはストレスで気の流れが悪くなった状態を適度な運動をすることにより良くすることになる。

また、可能であればこの散歩をする時は子供と一緒ではなく、1人ですることをお勧めします。
1日の中で少しでも1人の時間を過ごすことができるだけも心にゆとりを持つことができます。

Share

関連記事

子宮内膜症の症例

31歳 女性。 子宮内膜症による生理痛があり、生理のたびに痛み止めの薬を服用している。 生理痛は生理の2~3日目にピークがあり、血の塊も500円玉ほどの大きさが毎回出ている。 月経色:赤紫色 弁証:肝鬱気滞血瘀 1診目 […]

[» 続きを見る]

当院の治療内容のご紹介

当院の治療法をご紹介します。   【はり治療】 ツボと言われる経穴に鍼を刺していきますが、どこに刺すかは脈や舌、お腹の状態で変わってきます。 おそらく大半の方が想像しているような治療法とは違っており、肩こりだか[…]

[» 続きを見る]

不正出血の原因~東洋医学編2~

東洋医学でも不正出血の原因は多岐にわたりますが、比較的多いケースをご紹介致します。 まずは脾不統血という体質による不正出血になります。 この体質は脾という胃腸と関係のある臓器の機能低下が原因となって起きる不正出血になりま[…]

[» 続きを見る]

花粉による目の痒みに刺絡が著効

花粉症でお悩みの男性。 仕事では中間管理職となり、ストレスフルの状態。 頭のてっぺんにある百会を触ると熱がこもっているのを確認したため、肝鬱化火による花粉症と考え、右合谷に1本鍼を打ち、百会に刺絡を行なうとかなり赤みの強[…]

[» 続きを見る]

導入決定

11月から試験的に使用していたセイリンJSPという鍼を導入決定致しました! この鍼の特徴は鍼なのに先端部分がやや丸みを帯びており、この丸みを持たせることにより、刺す時の痛みが軽減されるということ。 最初は使いづらいなぁ。[…]

[» 続きを見る]