産後うつ③

825b18af478f478fe7c1584ac0076568_s

産後うつを防ぐために効果的なこととして「運動」がある。
運動といっても誰でも簡単に行なうことができる散歩を1日15~30分行なうだけで産後うつの予防にも繋がる。
産後うつは育児ストレスも大きな原因となり、育児中は何かと家にこもりがちで些細なことでイライラしがちになるが、適度な運動をすることはストレス発散にもつながり、心もリフレッシュすることができ、出産で低下した体力もつけることができる。

東洋医学的にはストレスで気の流れが悪くなった状態を適度な運動をすることにより良くすることになる。

また、可能であればこの散歩をする時は子供と一緒ではなく、1人ですることをお勧めします。
1日の中で少しでも1人の時間を過ごすことができるだけも心にゆとりを持つことができます。

Share

関連記事

風邪の予防②

昔から行なわれている健康法の1つに「乾布摩擦」というのがあり、これは乾いた布で皮膚を直接こすり皮膚を鍛える健康法。 乾布摩擦の効果として以下がある。 ①体温調節機能の向上 ②風邪の予防 ③リラックス効果や安眠効果 今回は[…]

[» 続きを見る]

アトピー性皮膚炎に照海穴

30代女性。 幼少期よりアトピー性皮膚炎があったが、高校生の時に毎日のように菓子パンを食べていたら症状悪化。 以後、ステロイド軟膏を使用し症状を和らげていたが、今年の春から仕事の関係上、パンをよく食べるようになり再度症状[…]

[» 続きを見る]

治療と同じぐらい大切なこと

体の不調があればまずは病院で検査をし、薬での治療が第一選択となり、それでも良くならなければ他の治療法を探す。 これが今の時代の流れになっている。 しかし、治療と同じぐらい大切なことがある。 それが「養生」というもの。 養[…]

[» 続きを見る]

母乳の出が良くなるツボ

母乳の出が悪い時に使用するツボをご紹介いたします。 その前に、東洋医学では母乳の出が悪くなる原因は主に2つあります。 ①肝鬱気滞 ②気血両虚 ①に関してはストレスが原因となります。 肝と関連している経絡が乳房の周りを走行[…]

[» 続きを見る]

2015年の花粉飛散量情報

ウェザーニュースから来年2015年の花粉の飛散量の情報が発表されました。 来年は東日本では平年の3~5倍ほど、西日本では平年の1~3倍。 もう少し地域を絞ると、東海地方は多いところで平年の5倍のところもあるようです。 2[…]

[» 続きを見る]