東洋医学との出会い

鍼灸治療は東洋医学による治療である。

このようにお考えの方はきっと多いかと思いますが、実はそうではありません。
私自身もこの世界に入る前は「鍼灸=東洋医学」だと思っていました。

しかし、鍼灸学校に入って東洋医学について勉強していくと「今まで受けていた鍼灸治療は東洋医学ではない!」という答えに辿り着きました。
本当の東洋医学での治療は基本的に「局所治療を行わない」からです。
つまり、痛いところに鍼を打たずして治すことができるのが本当の東洋医学ということになります。

東洋医学にも西洋医学のように臓器の働きについて勉強しますが、臓器の機能は似たような部分もあれば、まったく違う考え方を持っていたりします。
例えば肝臓。
西洋医学:エネルギー代謝、アルコールや薬の解毒、胆汁の生成
東洋医学:気・血・水の流れを良くする疏肝(そかん)、血液の貯蔵、感情のコントロール、排卵

また、「天人合一思想」という独特な考え方があり、人は自然の一部であり、自然界で起きていることは身体の内部でも同じようなことが起きるという考え方であったり、病気になる原因は「気・血・水」のアンバランスが引き起こすなど、非常に好き・嫌いが分かれる考え方になります。

個人的には好きというよりは「この考え方で治療ができたら面白いな・・・」というのが当時思ったことです。
今までは足を痛めた時は足に鍼を打ち、腰が痛い時は腰に・・・という感じでしたがこの常識が覆された瞬間でもありました。
そして、もう1つ思ったのが、「これは病気の治療もできるな。」ということです。

このような感じで私は東洋医学に出会い、そしてはまっていきました。

Share

関連記事

刺絡の効果

鍼治療といえば髪の毛ほどの細さの鍼をツボに刺す治療のことになるが、実はこれ以外にも少し特殊な治療法が存在します。 それが「刺絡」という治療法。 刺絡とは指先や皮下にある毛細血管に特殊な鍼を刺し、瘀血(おけつ)と呼ばれる悪[…]

[» 続きを見る]

慢性副鼻腔炎(蓄膿症)の著効例

慢性副鼻腔炎(蓄膿症)でお悩みの30代女性。 昔から風邪を引くと副鼻腔炎になりやすく、発症するたびに抗生物質を服用している。 普段でも鼻から何か垂れてくる感じがある。 肺経・大腸経に顕著な圧痛あり。 左合谷に3番1寸で1[…]

[» 続きを見る]

むち打ち(交通事故治療)

交通事故による症状でこのようなお悩みはありませんか? ・むち打ちによる首の痛み ・整形外科や接骨院に通っているが良くならない ・レントゲンでは問題ないが痛みが引かない ・事故後めまいが起きるようになった 交通事故で最も多[…]

[» 続きを見る]

「夏バテ」のセルフケア

お盆が終わりましたが楽しめましたか? 毎年のことですが、帰省ラッシュに会い逆に疲れたなんて方もいらっしゃるかもしれませんね。 さて、前回に続いて夏バテに関してですが、前回は東洋医学では夏バテをどのように考えるのかをお伝え[…]

[» 続きを見る]

東洋医学の病気の大まかな分類

東洋医学では病気を大まかに分類すると2つに分類することができる。 それが、「実証」と「虚証」。 この2つは身体における正気と邪気の盛衰の状況を反映したもので、正気が不足した状態であれば虚証、邪気が盛んであれば実証として現[…]

[» 続きを見る]