鍼灸との出会い

鍼灸との出会いは17年前の高校1年の冬でした。

当時、バスケットボールをやっており、新人戦前で怪我をしていた時にとある方に紹介されたのが鍼灸院。それまでは接骨院にしか行ったことがなく、鍼治療の存在すら知りませんでしたが、少しでも良い状態にしたかったので受けに行くことにしました。

不思議と不安はなかったと思います。

そして、この鍼灸院の院長はバスケットボールの超名門、高校女子バスケットボール界の女王と言われるチームのトレーナーをされている方でした。

この時から鍼に興味を持ち始め、元々サラリーマンは無理だろうと思っていたので将来はこの仕事を…と思うようになりましたが、正確に言えば、この当時は鍼灸師というよりも、スポーツトレーナーを目指していたという方が正しくなります。

ただし、高校卒業後は愛知工業大学の工学部に入学…
高校3年時に鍼灸学校について調べることもなく、また「国家試験なんて受からんだろう…」という思いがあり、楽な方へ流れることになります。

しかし、特に大学に行きたかったわけでもないため続くことなく、また、大学に行ったことで本当に自分がやりたいことが何なのかがハッキリとしたため、両親には学費は自分で払うという条件で1ヶ月半、5月23日に大学を中退。

しかし、まだこの時点でも「鍼灸師」というより、「スポーツトレーナー」を目指すのでした。

Share

関連記事

脱水症状かどうかチェックできる飲み物

こんにちは。 蓬祥鍼灸院の長谷川です。 本日、名古屋市内でも過去最高の40℃を記録しました。 外は地獄・・・エアコンが28℃でもかなり涼しく感じられてしまうほどです。 こんな暑い現在ですが、今年はインターハイが東海地区で[…]

[» 続きを見る]

ストレスと甘いもの

ストレスが溜まると無性に甘いものが食べたくなることはありませんか? そして、甘いものを食べると「ホッ」っとします。 これにはちょっとした理由があります。 ストレスがかかると気が張った状態になりますが、甘いものには「気を緩[…]

[» 続きを見る]

お灸の熱さの左右差

ここ数年、巷ではやっているのが「お灸女子」なるものです。 お灸女子とはご自身で千年灸を使ってお灸をされる女性のことを言いますが、お灸をしていると熱さを感じなかったり、逆にすぐに熱くなってしまう、さらには左右で熱さの感じ方[…]

[» 続きを見る]

「歩く」と「辛い」に秘められた意味

「少し」「止まる」と書いて「歩く」。着実に前に進んでいます。 「辛い」という漢字は「幸せ」になる途中。 ====================================================== 昨日の[…]

[» 続きを見る]

情報過多で起きるコロナ疲れ。外出は控えるべき?

こんにちは。 蓬祥鍼灸院の長谷川です。 今テレビやネットでは「コロナ疲れ」というキーワードが話題になっていますが、ご存知でしょうか?本日はこのコロナ疲れに関する内容になります。 コンテンツ1 情報過多が原因?コロナ疲れと[…]

[» 続きを見る]