四診合参

四診合参とは
望診・聞診・問診・切診の4つことを指し、東洋医学での診察方法のことになる。
今では画像診断や血液診断などを行なえば、身体の異常を発見することができたが、昔はこのようなことは当然行なうことができなかったため、五感をフル活用して身体を診ていた。

・望診(ぼうしん)
目で見ること。
舌・髪・顔色・皮膚の状態・目など目で診察をすること。

・聞診(ぶんしん)
聞くこと。
聞くといってもこれは身体の状態を聞くのではなく、「患者さんの声の質や大きさ、しゃべり方」を聞くということ。また、この聞診には患者さんの体臭などの臭いをかぐことも含まれる。

・問診
患者さんの身体の状態を聞くこと。
東洋医学では辛い症状以外にも、生活習慣・食生活・排泄物・睡眠・入浴・月経・出産前後の体調・仕事や人間関係によるストレス、時には生い立ちなど様々な内容をお聞きします。

・切診(せっしん)
身体に触れること。
脈を取ったり、お腹・背中・手足・頭にあるツボを触る、皮膚の感触など患者さんの身体に触れて情報を得ること。

患者さんの身体を診ていく上ではこの4つの診察方法によって得た情報を分析し、今の身体がどのような状態なのかを見極めて治療方針を立てていくことを「四診合参」という。

Share

関連記事

不正出血の症例

40代女性 7月から突然不正出血が始まり、総合病院の婦人科を受診し検査をするも原因不明。止血剤と漢方薬(ツムラ24番:加味逍遥散)を処方されたため服用すると出血は治まるが、しばらくすると再度出血が始まる。 その後は漢方内[…]

[» 続きを見る]

心と身体

心と身体は切っても切り離せない関係です。 今までにもうつ病の方やパニック障害など心の病を抱えている方の治療に当たる機会がありましたが、治療をしていると本当にそう感じています。 一般的には心の病を抱えている方は心療内科や精[…]

[» 続きを見る]

肩こりに対する鍼灸治療の症例集

鍼灸治療を受けるきっかけとしては最も多い可能性がある肩こりですが、実際に鍼灸治療ではどのように治療をしていくのか気になる方も多いと思います。 当院では東洋医学をベースに治療をしているため、一般的な鍼灸院での肩こりの治療法[…]

[» 続きを見る]

うつ病克服

先日、うつ病で来院されていた30代女性の患者様がうつ病を克服しご卒業されました。 治療期間は5ヶ月。 最終日は初回の時とは見違える程にとても良い表情をされており、あのまま病院で治療を続けていたらどうなっていたかも分からな[…]

[» 続きを見る]

妊娠に至るまでの期間

当院で週1回の鍼灸治療を行い自然妊娠に至るまでの期間は平均で約6ヶ月。 比較的多いのがPCOS(多嚢胞卵巣症候群)になりますが、逆に少ないのが病院では問題が見つからない原因不明の不妊症の方。 そのためか、自然妊娠に至るま[…]

[» 続きを見る]