四診合参

四診合参とは
望診・聞診・問診・切診の4つことを指し、東洋医学での診察方法のことになる。
今では画像診断や血液診断などを行なえば、身体の異常を発見することができたが、昔はこのようなことは当然行なうことができなかったため、五感をフル活用して身体を診ていた。

・望診(ぼうしん)
目で見ること。
舌・髪・顔色・皮膚の状態・目など目で診察をすること。

・聞診(ぶんしん)
聞くこと。
聞くといってもこれは身体の状態を聞くのではなく、「患者さんの声の質や大きさ、しゃべり方」を聞くということ。また、この聞診には患者さんの体臭などの臭いをかぐことも含まれる。

・問診
患者さんの身体の状態を聞くこと。
東洋医学では辛い症状以外にも、生活習慣・食生活・排泄物・睡眠・入浴・月経・出産前後の体調・仕事や人間関係によるストレス、時には生い立ちなど様々な内容をお聞きします。

・切診(せっしん)
身体に触れること。
脈を取ったり、お腹・背中・手足・頭にあるツボを触る、皮膚の感触など患者さんの身体に触れて情報を得ること。

患者さんの身体を診ていく上ではこの4つの診察方法によって得た情報を分析し、今の身体がどのような状態なのかを見極めて治療方針を立てていくことを「四診合参」という。



プロフィール
【取得資格】
はり師、きゅう師、あん摩・マッサージ・指圧師

【鍼灸師になったきっかけ】
小学校から専門学校までバスケットボールをしており、高校時代に某高校のバスケットボール部のトレーナーをしている方の鍼灸院に怪我の治療でお世話になったことがきっかけ。
高校卒業後はスポーツトレーナーを目指し、トライデントスポーツ健康科学専門学校※現名古屋平成看護医療専門学校に通い、卒業後に名古屋鍼灸学校にてはり師、きゅう師、あん摩・マッサージ・指圧師国家資格を取得。
現在は不妊症をはじめとした婦人科疾患や皮膚疾患、精神疾患などの治療に力を入れております。

蓬祥鍼灸院公式LINE
Share

関連記事

顎関節症の症例

40代女性 1週間ほど前に食事をしている際に左側の顎に痛みが起きる。 歯科医に行くと顎関節症と診断される。 顎関節症は20代の頃にも発症したことがあり、当時は名古屋へ引っ越してきたことによるストレスから発症。当時は歯ぎし[…]

[» 続きを見る]

【美容鍼の疑問】どのくらいの頻度で通うべきか鍼灸師が解説します

蓬祥鍼灸院の長谷川です。 美容鍼を受けたいけど、どのくらいの頻度で通うのが効果的なのか気になっていたり、少ない頻度でも美容鍼の効果を感じる方法が知りたくありませんか? 美容鍼は肌のお悩みを改善するために行う施術になるため[…]

[» 続きを見る]

つわりはいつからいつまで続くの?【人によっては出産するまであり】

妊娠したらつわりで苦しむものだと思っていたのにまだ症状がなかったり、妊娠してすぐにつわりが始まり食べれなかったり吐き気がひどいため、この症状がいつまで続くのか知りたい方へ。 今回はつわりに関する疑問や辛いこの時期を乗り越[…]

[» 続きを見る]

【今すぐできる!】知って得する母乳の詰まりを改善するツボ

待望のわが子を出産できたけど、母乳が詰まっているためなかなかでないとお悩みの方。 母乳の詰まりは軽い場合はツボ押しでも改善することが可能になります。 今回は今すぐ実践できる母乳の詰まりを改善するツボやツボ押しで改善できな[…]

[» 続きを見る]

運動してますか?

世間ではGWに突入しておりますが、本日もお仕事をしております。 突然ですが、皆さんは今現在運動はしてますか? 僕は10年前まではバスケをやっていましたが、辞めてから早10年・・・最近腹回りがヤバイと思い恐る恐る体重計に乗[…]

[» 続きを見る]