四診合参

四診合参とは
望診・聞診・問診・切診の4つことを指し、東洋医学での診察方法のことになる。
今では画像診断や血液診断などを行なえば、身体の異常を発見することができたが、昔はこのようなことは当然行なうことができなかったため、五感をフル活用して身体を診ていた。

・望診(ぼうしん)
目で見ること。
舌・髪・顔色・皮膚の状態・目など目で診察をすること。

・聞診(ぶんしん)
聞くこと。
聞くといってもこれは身体の状態を聞くのではなく、「患者さんの声の質や大きさ、しゃべり方」を聞くということ。また、この聞診には患者さんの体臭などの臭いをかぐことも含まれる。

・問診
患者さんの身体の状態を聞くこと。
東洋医学では辛い症状以外にも、生活習慣・食生活・排泄物・睡眠・入浴・月経・出産前後の体調・仕事や人間関係によるストレス、時には生い立ちなど様々な内容をお聞きします。

・切診(せっしん)
身体に触れること。
脈を取ったり、お腹・背中・手足・頭にあるツボを触る、皮膚の感触など患者さんの身体に触れて情報を得ること。

患者さんの身体を診ていく上ではこの4つの診察方法によって得た情報を分析し、今の身体がどのような状態なのかを見極めて治療方針を立てていくことを「四診合参」という。

Share

関連記事

不妊治療の助成金制度

病院での不妊治療となると非常に高額になりますが、経済的な負担を少しでも軽くするために助成金制度が存在します。 しかし、一定の条件があり、夫婦合算での所得が730万以下の夫婦になります。 そして、この助成金制度が昨年の平成[…]

[» 続きを見る]

不妊治療の気になるペース

コンテンツ1 不妊治療に鍼灸を取り入れる場合、どのくらいのペースで通う必要があるの?1.1 原因不明の不妊の場合1.2 不妊の原因となる基礎疾患がある場合※多嚢胞、無排卵、黄体機能不全など1.3 40代の方2 まとめ 不[…]

[» 続きを見る]

東洋医学に関する番組情報

本日、メーテレにて20:00~「たけしの健康エンターテインメント!みんなの家庭の医学」にて漢方薬や鍼灸に関して2時間放送されます。 おそらく、メインは漢方薬の内容になるかと思いますが、東洋医学の考え方を知ることができるチ[…]

[» 続きを見る]

大豆が更年期の方にお勧めの理由

コンテンツ1 大豆の力で更年期を乗り切ろう2 大豆の力とは?2.1 イソフラボンの効果2.2 大豆が含まれる食品3 このような方は大豆の取り過ぎにはご注意を!4 まとめ 大豆の力で更年期を乗り切ろう 更年期でお悩みの方は[…]

[» 続きを見る]

鍼と針の太さの違い

「鍼」と「針」の太さの違いですが、 ・鍼 日本では鍼は鍼灸治療に用いられる針のことを指し、太さは0.14mm~0.3mmほどの太さのものが使用されます。 ・針 苦手な方も多い注射や採血などに用いられる針、その他には裁縫に[…]

[» 続きを見る]