四診合参

四診合参とは
望診・聞診・問診・切診の4つことを指し、東洋医学での診察方法のことになる。
今では画像診断や血液診断などを行なえば、身体の異常を発見することができたが、昔はこのようなことは当然行なうことができなかったため、五感をフル活用して身体を診ていた。

・望診(ぼうしん)
目で見ること。
舌・髪・顔色・皮膚の状態・目など目で診察をすること。

・聞診(ぶんしん)
聞くこと。
聞くといってもこれは身体の状態を聞くのではなく、「患者さんの声の質や大きさ、しゃべり方」を聞くということ。また、この聞診には患者さんの体臭などの臭いをかぐことも含まれる。

・問診
患者さんの身体の状態を聞くこと。
東洋医学では辛い症状以外にも、生活習慣・食生活・排泄物・睡眠・入浴・月経・出産前後の体調・仕事や人間関係によるストレス、時には生い立ちなど様々な内容をお聞きします。

・切診(せっしん)
身体に触れること。
脈を取ったり、お腹・背中・手足・頭にあるツボを触る、皮膚の感触など患者さんの身体に触れて情報を得ること。

患者さんの身体を診ていく上ではこの4つの診察方法によって得た情報を分析し、今の身体がどのような状態なのかを見極めて治療方針を立てていくことを「四診合参」という。

Share

関連記事

前立腺肥大症に対する鍼灸治療の症例

コンテンツ1 30代 男性 前立腺肥大症の症例2 弁証および治療について3 考察 30代 男性 前立腺肥大症の症例 2019年3月来院。 1ヶ月ほど前から常に尿意がある感じや残尿感があるため、近所の泌尿器科を受診すると過[…]

[» 続きを見る]

【セルフケア】生理痛を和らげるために抑えておきたい5つのツボ

生理痛が酷くて困っているから少しでもやらげるためにお勧めのツボがあれば知りたいという方へ。 生理痛を和らげるツボと一言で言ってもたくさんあり、生理痛はほぼ下腹部の痛みとなるため、下腹部にもありますが、実際の治療ではあまり[…]

[» 続きを見る]

アトピー性皮膚炎に照海穴

30代女性。 幼少期よりアトピー性皮膚炎があったが、高校生の時に毎日のように菓子パンを食べていたら症状悪化。 以後、ステロイド軟膏を使用し症状を和らげていたが、今年の春から仕事の関係上、パンをよく食べるようになり再度症状[…]

[» 続きを見る]

子宮筋腫とエストロゲンの関係

閉経後も子宮筋腫が小さくならない こんにちは。名古屋の鍼灸師こと蓬祥鍼灸院の長谷川です。 子宮筋腫とエストロゲンの関係ですが、一般的には子宮筋腫はエストロゲンの影響で大きくなり、閉経することによりエストロゲンの分泌が少な[…]

[» 続きを見る]

湿疹、アトピー性皮膚炎に対する鍼灸治療の症例集

コンテンツ1 湿疹、アトピー性皮膚炎に対する鍼灸治療の症例集1.1 【67歳女性】 原因不明、病名もつかない皮膚疾患1.2 【36歳女性】 背中にできる湿疹1.3 【55歳男性】 汗疹(あせも)による湿疹1.4 【39歳[…]

[» 続きを見る]