あなたは大丈夫?産後うつを予防するためのセルフケア

こんにちは。

蓬祥鍼灸院の長谷川です。

今回は数年前から問題とされている産後うつに関してです。

産後うつという病気は聞いたことがあるでしょうか?この病気は女性にとってはかなり身近な病気になっており、少し驚きの数字も出てしまっています。

産後うつがどのような病気なのかをまずは知っていただき、しっかりと予防するようにしましょう。

産後うつとはどんな病気?

産後うつの女性

産後うつとは出産後に発症するうつ症状で産後の女性の10人に一人の割合でなってしまう病気になります。

産後すぐに育児に対する不安感が襲ってくる場合もあれば、数週間~数か月後に育児ストレスや環境の変化、生活リズムの変化が原因で発症し、初産の方がなりやすい病気でもあります。また、産後はホルモンバランスが大きく乱れていることも関係してきます。

さらに、出産後は体力が低下しているため、非常に疲れやすい身体になっています。そんな中でも完璧を求めたり、「いい母親でいなきゃ」という気持ちで頑張りすぎて心身ともに疲れてしまうことで、産後うつを発症することもあります。

そのため、うつ病になりやすい「完璧主義者」の方は注意が必要になり、出産前にもうつ病になったことがある方も注意しなければいけません。

 

産後うつの症状

  • 育児に対する不安感
  • 子供がかわいくないと感じる
  • 悲しみ
  • 気分の変調
  • 極度の疲労感
  • 睡眠障害
  • 自殺願望

産後うつにはこのような症状があります。

症状としては基本的なうつ病の症状に加えて、子供に対する愛情が欠落してしまったり、時には暴力的になってしまったりすることがあります。また、子供に対してこういったことをしてしまう自分が嫌になって更に落ち込んでしまうという負の連鎖が起きることもあります。

 

マタニティーブルーとの違い

産後うつによく似た症状としてマタニティーブルーというものがありますが、このマタニティーブルーと産後うつは別物になります。

マタニティーブルーというのは妊娠中や出産後のストレスや育児への不安、ホルモンバランスの乱れなどが原因で不安感や悲しみ、涙が出る、不眠という症状が出てきますが、こういった症状は1〜1週間ほどで自然になくなると言われています。

それに対して産後うつは長期間に渡り精神的な症状が続いてしまいます。

 

産後うつは妊産婦の死因第一の自殺の引き金になる

絶望する女性

産後うつという病気は妊産婦(妊娠している女性と出産後の女性)の死因としては1位となっている自殺との関係が深い病気で決して侮ることのできない病気になります。

なぜ、産後うつが自殺という最悪の選択をしてしまうのかというと、一番の理由は育児ストレスになります。なれない育児、初めての育児、不安や孤独感などから精神が崩壊してしまうことでこういった選択を取ってしまうことになります。

そのため周りの方、特に夫のサポートは必要不可欠で、どちらかの実家が近くにあるのであれば協力をしてもらうことも大切です。

 

産後うつにならないためのセルフケア

1.無理をしないこと

多くの方は子供が寝ているうちに、家事をやろうという考え方になるかと思いますが、思い切って子供と一緒に1時間でも寝てしまいましょう。夜中に何度も授乳をしなければいけないため十分な睡眠が取れていないかと思います。

「寝る」ということは身体を休めるということ以外にも、「心の安定」にも繋がってきます。

「子供のことを第一優先とし、家事は後回しになっても仕方がない」ぐらいの気の持ち方で行きましょう。

 

2.適度な運動を心がける

産後うつを防ぐために効果的なこととして「運動」があります。

運動といっても誰でも簡単に行なうことができる散歩を1日15~30分行なうだけで産後うつの予防にも繋がります。また、産後うつは育児ストレスが大きな原因となり、育児中は何かと家にこもりがちで些細なことでイライラしがちになってしまいます。そのため、適度な運動をすることはストレス発散にもつながり、心もリフレッシュすることができ、出産で低下した体力もつけることができます。

 

3.一人の時間を作れるよう周囲の人に協力を求める

常に子供と一緒にいることは嬉しい気持ちもある反面、やはり大きなストレスになります。

そのため、1日の中でも自分一人の時間を作るためには周囲の人、特に夫の協力が必要不可欠です。もし、どちらかの実家が近くにある場合は協力を求めるようにしましょう。

一人の時間を使って運動をする、ゆっくりお風呂に浸かる、少し外出するなどして、気分転換をするようにしましょう。

 

まとめ

産後うつは出産をした女性であれば誰でもなりうる病気になります。そして、母体や母乳への影響を考えて、病院には通院しているが服薬には抵抗があるために服薬を中止し、症状が悪化してしまうことも問題となっています。

産後うつ防ぐための1番の方法は無理をしないことです。

産後うつはうつ病に一種になるため、うつ病と同じくな完璧主義者がなりやす異病気でもあります。また、初めての育児は分からなくて当然、できなくて当然でなので何も恥じる必要はありません。

子育ては確かに大変な部分もありますが、子供の成長が見て取れる楽しいものでもあります。無理せず、楽しい子育てができるように気をつけましょう。

Share

関連記事

鍼で血液検査の結果が良くなる

腰痛で来院されていた50代男性。 糖尿病の既往歴あり。 ・服薬前の血糖値:170~180 ・服薬後の血糖値:150 鍼灸治療5回行い定期健診で血液検査を行なうと130ほどに下がっていた。 今回の場合は糖尿病の治療を行なっ[…]

[» 続きを見る]

本当に凄い鍼灸師とは?

本当に凄い鍼灸師ってどんな人でしょうか? きっと多くの方が 「どんな病気でも1回で治してしまう」または、どんな病気も治してしまう。 という鍼灸師を想像されると思いますが、これは間違いです。 なぜなら1回で治すことができな[…]

[» 続きを見る]

体育の日

本日は体育の日。 「体育の日(10月10日)は必ず晴れる」というデータから1964年の東京オリンピックはこの日に決まったそうです。 このジンクスは今でも変わらないようです。 今日の新聞に運動週間に関する記事がありました。[…]

[» 続きを見る]

不妊症 32歳 女性

不妊症 32歳 女性 29歳で結婚したがなかなか子宝に恵まれないため、病院にて検査をすると卵巣の左側に卵管水腫が発見され、腹腔鏡にて左卵管切除。 その後は人工授精・体外受精(4回)と行うが妊娠できない。 当院には今年の3[…]

[» 続きを見る]

どうして右手だけ打つのか?

治療中に時々ですが、「どうして右手にだけ打つんですか?」というご質問を頂きます。 ツボは体のお腹側と背中側の真ん中以外は左右対称に存在します。 一般的な鍼治療を行っている鍼灸院ではこの左右のツボに鍼を刺しますが、当院では[…]

[» 続きを見る]