花粉症の薬で悪夢?

市販の花粉症の薬は眠くなるなどの副作用がありますが、今では眠くなりにくく、1日2回の服用でOKという薬が出ています。
そうです。アレグラという花粉症の薬。

今この薬の副作用が少し話題になっていることをご存知でしょうか?
眠くなりにくい代わりに「悪夢」という副作用が出ることがあるそうです。

気になったのでサイトを確認してみましたが、しっかりと副作用の項目に「悪夢」が記載されていました。
患者さんの中にもこの薬を服用していたと言う方がいたので確認してみようと思います。
しかし、なぜこのような副作用が出るのか不思議です。

Share

関連記事

メールでご予約される方の注意点

当院のご予約方法は3つあります。 ①電話 ②ホームページ内からのメール ③LINE@ この中でも比較的多いのがメールでのご予約ですが、1つ注意点がございます。 希望日時の選択時に診療時間外、つまり休診日のお時間を指定され[…]

[» 続きを見る]

顔面神経麻痺について

【顔面神経とは?】 脳から出入りする左右12対ある末梢神経のうちの1つである、第7神経。 顔面神経は感覚、運動、副交感神経を司っています。 そのため、顔面神経には顔面の筋肉を動かす、顔の感覚、唾液を分泌するなどの働きがあ[…]

[» 続きを見る]

太衝穴

ストレスにより気の流れが悪くなった状態を肝鬱気滞といいますが、この場合には「疏肝(そかん))という肝気の流れを良くしなければいけません。 その際によく使用されるのが太衝というツボになります。 正しくツボが取れればこのツボ[…]

[» 続きを見る]

円形脱毛症は2ヶ月前から?

こんにちは。 名古屋の蓬祥鍼灸院の長谷川です。 円形脱毛症は当院でもご相談の多い疾患になりますが、学生時代の学校以外の勉強会に参加していた時にこのようなことを教わりました。 「円形脱毛症は発症した日から2ヶ月前に何かあっ[…]

[» 続きを見る]

得気って何?

鍼灸治療を受けたことがある方は経験しているかもしれませんが、鍼を刺すと「ズン」した感覚が起こります。 これは得気といわれます。 別の言い方では響きとも言いますが、これは鍼治療を行う際に患者さんが感じる感覚になり、鍼を刺し[…]

[» 続きを見る]