花粉症の薬で悪夢?

市販の花粉症の薬は眠くなるなどの副作用がありますが、今では眠くなりにくく、1日2回の服用でOKという薬が出ています。
そうです。アレグラという花粉症の薬。

今この薬の副作用が少し話題になっていることをご存知でしょうか?
眠くなりにくい代わりに「悪夢」という副作用が出ることがあるそうです。

気になったのでサイトを確認してみましたが、しっかりと副作用の項目に「悪夢」が記載されていました。
患者さんの中にもこの薬を服用していたと言う方がいたので確認してみようと思います。
しかし、なぜこのような副作用が出るのか不思議です。

Share

関連記事

消化器系の不調からくる膝の痛み

数年前から膝の内側に痛みがあり、接骨院に通っているがなかなか良くならない。 階段を下りる時に痛みがある。 臍の少し上の下脘(げかん)に冷えあり。 下痢と軟便を繰り返し、病院では年齢的な腸の機能低下によるものなので治療法は[…]

[» 続きを見る]

月経後のPMS

多くの方のPMSによる症状は「月経前」に起きるが、中には月経後もイライラや気分の落ち込みなどが続く、または月経後の方が酷くなるという方もいらっしゃいます。 これは東洋医学では「血虚」という体質が関係してきます。 月経前は[…]

[» 続きを見る]

初日を無事に終えました。

こんにちは。 蓬祥鍼灸院の長谷川です。 本日より当院は移転オープン致しましたが、無事に初日の診療を終えることができました。 患者様からもお花や観葉植物を贈っていただけたりし感謝しております。 何かとバタバタとしており何と[…]

[» 続きを見る]

ご予約、お問い合わせに関して

【ご予約、お問い合わせに関してのお願い】 水曜午後、木曜、日曜はお休みになります。 当院はマンションの一室にて診療をしておりますが、時々「ここに住んでいるんですか?」というご質問をいただくことがありますが、こちらのマンシ[…]

[» 続きを見る]

手湿疹の改善例

10月より来院されている患者さん。 4回目の治療を終えてからあまり良く眠れていなかったが眠れるようになり、その後に副鼻腔炎になってしまったが、副鼻腔炎が治るとともに手湿疹も改善された。