鍼灸治療を受けたことがある方は経験しているかもしれませんが、鍼を刺すと「ズン」した感覚が起こります。

これは得気といわれます。

別の言い方では響きとも言いますが、これは鍼治療を行う際に患者さんが感じる感覚になり、鍼を刺した場所や少し離れた部分にまで起こる現象になります。

得気には

1.酸:だるい感じ。

2.脹:脹れるような感じ。

3.麻:しびれる感じ

4.重:重い感じ

このいずれかの感覚が患者さん側に起こります。

鍼灸治療が初めての方はこのような感覚が起こると「痛み」と捉えますが、痛みとは違う感覚になります。
中国ではこの得気を非常に重要視しており、この感覚がなければ効いていないと患者さんが言うほどです。

では僕の治療ではというと、得気は重要視しております。
初めての方でも大丈夫な方は大丈夫ですが、駄目な方は時々いらっしゃいます。(1/10人ぐらい。)

その時は極細となる0.16mmの鍼を使用して行いますが、この感覚は慣れれば平気になってきます。

僕が初めて鍼灸治療を受けたのが高1の時でしたが、正直この頃は苦手でしたが、今ではこの得気がなければ駄目なぐらいです。

Share
---------------------------------------------------------------------
名古屋市中川区の蓬祥鍼灸院は薬に頼りたくない方や病院で良くならない方に
対して東洋医学の面から治療を行う鍼灸院です。
〒454-0911
愛知県名古屋市中川区高畑1-89 グリーンハイツ高畑1F
TEL 052-355-6866
友だち追加
---------------------------------------------------------------------