貧乏ゆすりの効果

a4b36d78b55a7465692d4ce4f4a48c96_s

はぁ?っという感じのタイトルですが、まじめな話です。
世間一般では貧乏ゆすりは行儀が悪い行為になりますが、意外とこの貧乏ゆすりの効果は侮れません。

貧乏ゆすりは足を小刻みに動かすため、足の筋肉を使うことになります。
そのため、足の浮腫み対策として効果があるのです。

浮腫みが起きる原因としては足に血液が溜まってしまう事ですが、足の筋肉を動かすことにより、より多くの血液を足から心臓に戻すことができるようになります。
これが「足は第2の心臓」と言われる由縁です。

また、今熊本地震で車中泊をしている方が「エコノミー症候群」というもので亡くなったり、体調を崩していますが、このエコノミー症候群の原因も足に血液が溜まっていることが原因となります。
一番の対策は同じ姿勢でいることを回避することですが、なかなか難しいので貧乏ゆすりのように足を小刻みに動かしたり、足を軽くマッサージするなどしてみて下さい。

Share

関連記事

東洋医学はゆっくり効く?

一般的に西洋医学の薬は即効性があり、東洋医学での治療効果は比較的ゆっくり・じっくり効くというイメージがあると思いますが、これは誤解です。 東洋医学も即効性はあります。 ただし、効果を実感するにはどうしても時間がかかること[…]

[» 続きを見る]

三陰交で分かること

足に三陰交という比較的有名なツボがあります。 このツボがなぜ有名なのかというと婦人科疾患の常用穴、つまり婦人科疾患に非常に効果があるとされるツボだからです。 しかし、実際にこのツボを使って治療を行えば婦人科疾患が改善され[…]

[» 続きを見る]

自律神経失調症 37歳 女性

主訴:息苦しい、血の気が引く感じがする(橋本病のキャリア) 転職したことがきっかけで、職場の人間関係のストレスにより体調を崩し、現在は病院にて処方された安定剤を飲んでいる。 食せ活も乱れており、主にコンビニでの弁当が多い[…]

[» 続きを見る]

慢性副鼻腔炎治癒

慢性副鼻腔炎(蓄膿症)でお悩みの男性。 28歳頃に風邪を引き、顔に痛みが出たため耳鼻科を受診すると副鼻腔炎と診断。 膿は服薬により出なくなるが鼻づまりが酷く、常に鼻が詰まっており、風邪を引くたびに副鼻腔炎を発症してしまう[…]

[» 続きを見る]

春の花粉症

今年もあと少しで終わります。 会社などでもそろそろ忘年会が行なわれているころでしょうか? 以前は秋の花粉症に関して書きましたが、今回は春の花粉症に関してです。 秋の花粉症に関してはこちら。 今や現代病ともいえる花粉症です[…]

[» 続きを見る]