花粉による目の痒みに刺絡が著効

花粉症でお悩みの男性。
仕事では中間管理職となり、ストレスフルの状態。
頭のてっぺんにある百会を触ると熱がこもっているのを確認したため、肝鬱化火による花粉症と考え、右合谷に1本鍼を打ち、百会に刺絡を行なうとかなり赤みの強い血が出てくる。

赤みが強い血液の出血が見られるということは内熱という体の中に熱をこもらせていることの何よりの証拠。
ただし、刺絡を行なえば花粉症の方全てに効果があるわけでもなく、また誰にでも行なえる治療ではないことは付け加えさせていただきます。

後日、目の痒みはかなり軽減しことを確認しました。

Share

関連記事

原因不明の咳はエアコンが原因かも?

こんにちは。 名古屋の蓬祥鍼灸院の長谷川です。 本日から東海地方が梅雨入り発表されました。 この時期にも意外と体調を崩す方も多いため、体調管理には気をつけましょう。 さて、梅雨となると気になるのあれです。体調不良の原因に[…]

[» 続きを見る]

妊娠に至るまでの期間

当院で週1回の鍼灸治療を行い自然妊娠に至るまでの期間は平均で約6ヶ月。 比較的多いのがPCOS(多嚢胞卵巣症候群)になりますが、逆に少ないのが病院では問題が見つからない原因不明の不妊症の方。 そのためか、自然妊娠に至るま[…]

[» 続きを見る]

東洋医学はゆっくり効く?

一般的に西洋医学の薬は即効性があり、東洋医学での治療効果は比較的ゆっくり・じっくり効くというイメージがあると思いますが、これは誤解です。 東洋医学も即効性はあります。 ただし、効果を実感するにはどうしても時間がかかること[…]

[» 続きを見る]

今度は秋バテ

こんにちは。 名古屋の鍼灸師・長谷川です。 最近テレビで「秋バテ」という言葉を聞きました。 「○○バテ」と言えば「夏バテ」という言葉しか以前は聞きませんでしたが、数年前から「春バテ」という言葉が誕生し、今年から「秋バテ」[…]

[» 続きを見る]

妊娠中の浮腫み(むくみ)治療

妊娠による浮腫みは多くの妊婦さんが経験するトラブルの1つになります。 浮腫みが酷くなると日常生活にも影響があり、立っているのも辛い状況になってきます。 35歳女性 初産 逆子の治療で来院されるが、足の浮腫みが酷く立ってい[…]

[» 続きを見る]