昔から「病は気から」という言葉を聞くと思います。
この意味は「病気は気の持ちようによって、良くも悪くもなるということ。」
心配事や考え込んだりすると病気になりやすく、病状を悪化させることもあるため、常に前向に気持ちも明るくしていた方が病気になりにくく、仮に病気なっても治りやすいという。

これは治療する側として非常に分かることです。
なぜなら、「鍼で治してくれ!」という方と「治りますか?」という方の場合、圧倒的に前者の方が治療効果が高いと感じています。※もちろん例外もあります。

この違いは治療に前向きかどうかということだと思います。
「鍼で治してくれ!」という方は色々やって良くならず、最後は鍼しかない!という事が多く、覚悟を決めているような方です。
対して、「治りますか?」という方は鍼に対する不安、病気に対する不安、東洋医学に対する不信感、金銭面etc・・・など少しネガティブな考え方を持たれていると思います。

気持ち次第で病気は良くも悪くもなるため、まずは良くなること、良くすることを考えてみませんか?
この考え方もいまいち信じられないかもしれませんが、この心と身体の関係性は科学的にも証明されていることです。

Share
---------------------------------------------------------------------
名古屋市中川区の蓬祥鍼灸院は薬に頼りたくない方や病院で良くならない方に
対して東洋医学の面から治療を行う鍼灸院です。
〒454-0911
愛知県名古屋市中川区高畑1-89 グリーンハイツ高畑1F
TEL 052-355-6866
友だち追加
---------------------------------------------------------------------