病は気から

昔から「病は気から」という言葉を聞くと思います。
この意味は「病気は気の持ちようによって、良くも悪くもなるということ。」
心配事や考え込んだりすると病気になりやすく、病状を悪化させることもあるため、常に前向に気持ちも明るくしていた方が病気になりにくく、仮に病気なっても治りやすいという。

これは治療する側として非常に分かることです。
なぜなら、「鍼で治してくれ!」という方と「治りますか?」という方の場合、圧倒的に前者の方が治療効果が高いと感じています。※もちろん例外もあります。

この違いは治療に前向きかどうかということだと思います。
「鍼で治してくれ!」という方は色々やって良くならず、最後は鍼しかない!という事が多く、覚悟を決めているような方です。
対して、「治りますか?」という方は鍼に対する不安、病気に対する不安、東洋医学に対する不信感、金銭面etc・・・など少しネガティブな考え方を持たれていると思います。

気持ち次第で病気は良くも悪くもなるため、まずは良くなること、良くすることを考えてみませんか?
この考え方もいまいち信じられないかもしれませんが、この心と身体の関係性は科学的にも証明されていることです。

Share

関連記事

甲状腺機能低下症による脱毛症

甲状腺とは喉にある内分泌腺で基礎代謝を高めたり成長ホルモンの働きを助ける作用があるホルモンを分泌する。 この甲状腺から分泌されるホルモンの数値が低下した状態を「甲状腺機能低下症」というが、この疾患は甲状腺機能亢進症である[…]

[» 続きを見る]

病気にならないためにすべきこと

①しっかりと食べる※ただし食べすぎは注意 ②休む時は休む ③適度に体を動かす ④趣味を持つ ⑤考え込んだり、悩みすぎたり、心配しすぎたりしない 最近多いのは⑤の方です。 人それぞれ色々な悩みはあるかもしれません。悩んだり[…]

[» 続きを見る]

妊娠するための推奨BMI値と体脂肪率

こんにちは。 名古屋の蓬祥鍼灸院、長谷川です。 前回は痩せすぎも不妊の原因になると言うお話でしたが、今回はもう少し具体的なお話になります。 痩せすぎと言っても何を基準にすればよいのかと言うことになりますが、体脂肪率とBM[…]

[» 続きを見る]

2016年の花粉情報

日本気象協会が来年春の花粉の飛散予想を発表。 【前シーズン比】 2016年は、九州・四国・東海地方では前シーズンより多いかやや多く、非常に多く飛散するところもある見込みです。中国・関東甲信地方では前シーズン並み、近畿・北[…]

[» 続きを見る]

パニック障害の症例

11月11日来院。 28代 女性 16歳の頃よりパニック障害による過呼吸や動悸があり、精神科に通院中。 きっかけは家族間でのゴタゴタ。 酷い時には手足の内側に蕁麻疹が出る。 ストレスや季節の変わり目に特に症状が酷くなり、[…]

[» 続きを見る]