ストレスの秘密

3231f68395b56cd95d0e73ec3b6e9d31_s

ストレスは万病の元などということもあり、ストレスで体調を崩す方は現代ではかなり多いかと思います。
しかし、「ストレスがあった方が良い」と言い切る方がいます。

その人物がスタンフォード大学 健康心理学者 ケリー・マクゴニガル氏

この方が言っているのは
・ストレスは上手く使えば長生きできたり、仕事や勉強の成績が伸びる
・「ストレスは身体に悪い」と思い込むだけで身体の調子は悪くなる
・むしろ「ストレスはあった方が良い」と前向きに思い込むだけで身体の調子は良くなる
・本当に悪いのはストレスが健康に良くないと思い込むこと

ではどのようにすればいいのかというとストレスはあった方が良いと思い込むだけ。
この方法を心理学では「マインドセット(思い込む力)」と言うそうで、ポジティブに考えるだけ。

スポーツ選手が良い緊張状態の時に良い結果が出るのもこういったことが関係しているということになります。
大切なのは気持ちの持ち方。
ネガティブに考えるのではなく、常にポジティブに考えることが健康でいる秘訣とも言え、また「病は気から」を物語っていると言えます。

Share

関連記事

治療院前の工事のお知らせ

現在、当院の目の前ではアパートの建設工事を行なっております。 その関係で12月6日(木)~14日(金)まで水道工事が行なわれるため、工事車両が止まるとともに、一方通行も解除されます。 警備員の方が現場には立っているため、[…]

[» 続きを見る]

不妊治療の病院選び②

こんにちは。名古屋の蓬祥鍼灸院の長谷川です。 ご自身が不妊症かも?っと思い病院を探す時に重視されることはおそらく「通いやすさ」や「自宅からの距離」になるかと思います。 当院の患者さんのほとんどもやはり自宅からの通いやすさ[…]

[» 続きを見る]

浮腫み(むくみ)について②

肺が病むと浮腫みの原因になることがある。 肺は呼吸器だが、東洋医学では水分代謝と非常に関係の深い臓器の1つ。 肺と水分代謝の関係は主に以下の3つ ①皮膚に潤いを与える ②大腸に水分を送る ③排尿作用の促進 肺が悪くなると[…]

[» 続きを見る]

ホルモンバランスの乱れが原因の不妊症の症例

コンテンツ1 ホルモンバランスの乱れによる不妊症の症例2 弁証および治療について3 考察 ホルモンバランスの乱れによる不妊症の症例 2018年5月に来院。 2015年に7歳年上の男性と結婚したが、すぐに子供のことは考えて[…]

[» 続きを見る]

便秘の症例

20代 女性 就職を期に一人暮らしをはじめた途端に便秘になる。 仕事のストレスもあったが、それ以上に自宅のユニットバスに抵抗があり、トイレは我慢してコンビニや職場でするようになる。 就職するまでは毎日出ていたが、旅行など[…]

[» 続きを見る]