ストレスの秘密

3231f68395b56cd95d0e73ec3b6e9d31_s

ストレスは万病の元などということもあり、ストレスで体調を崩す方は現代ではかなり多いかと思います。
しかし、「ストレスがあった方が良い」と言い切る方がいます。

その人物がスタンフォード大学 健康心理学者 ケリー・マクゴニガル氏

この方が言っているのは
・ストレスは上手く使えば長生きできたり、仕事や勉強の成績が伸びる
・「ストレスは身体に悪い」と思い込むだけで身体の調子は悪くなる
・むしろ「ストレスはあった方が良い」と前向きに思い込むだけで身体の調子は良くなる
・本当に悪いのはストレスが健康に良くないと思い込むこと

ではどのようにすればいいのかというとストレスはあった方が良いと思い込むだけ。
この方法を心理学では「マインドセット(思い込む力)」と言うそうで、ポジティブに考えるだけ。

スポーツ選手が良い緊張状態の時に良い結果が出るのもこういったことが関係しているということになります。
大切なのは気持ちの持ち方。
ネガティブに考えるのではなく、常にポジティブに考えることが健康でいる秘訣とも言え、また「病は気から」を物語っていると言えます。

Share

関連記事

背中の湿疹の症例

こんにちは。 名古屋の体質改善請負人こと、蓬祥鍼灸院の長谷川です。 久しぶりの症例報告になります。 今回は30代女性の背中の湿疹です。 写真に関しては女性の背中ということで控えさせていただきます。 高校生の頃~春の花粉症[…]

[» 続きを見る]

ストレス体質による花粉症

花粉症の方で最も多いストレスタイプ。 東洋医学では「肝」という部分の問題で起きてくる花粉症となります。 東洋医学では「季節と内臓の関係性」というものがあり、花粉症の多くの方は春に症状を訴えますが、「春と関係のある臓器が肝[…]

[» 続きを見る]

病は気から

昔から「病は気から」という言葉を聞くと思います。 この意味は「病気は気の持ちようによって、良くも悪くもなるということ。」 心配事や考え込んだりすると病気になりやすく、病状を悪化させることもあるため、常に前向に気持ちも明る[…]

[» 続きを見る]

原点は「やっぱり治療がしたい!」

大学を辞め、約1年間はバイト、バイト、バイト… 授業料を稼ぐためただひたすらバイトをし、翌年入学したのはトライデントという専門学校。 ここではアスレティックトレーナーという資格を取るために入学しました。 当時の講師にはサ[…]

[» 続きを見る]

薄毛対策

  こんにちは。名古屋の体質改善請負人こと、蓬祥鍼灸院の長谷川です。 女性であれば誰でも気になる問題が「薄毛」の問題で、男性も気にされる方も多いですが、「髪は女の命」とも言うように女性であればやはりかなりの問題[…]

[» 続きを見る]