早期治療の大切さ

どんな病気でも早期発見・早期治療は大切です。
これは現代医学でも東洋医学でもやはり同じ。

特に以前から感じているのは耳鳴りや難聴は何年も前からとなるとなかなか難しいケースに出会うことがある。
多くの方は発症してから数ヶ月~数年後に鍼灸治療を選択されるが、やはりできるだけ早期に鍼治療も始めた方が良いでしょう。

何も耳鳴り・難聴だけではありません。
どんな病気でもできるだけ早く鍼灸治療も始めましょう。
時に東洋医学はあっと驚くような効果を発揮します。

Share

関連記事

足で診る骨盤内(子宮)の血流状態

皆さん、まず自分の足の土踏まずの辺りを見てください。 土踏まずの部分に、太い静脈が浮き出ていたり、赤くて細い血管のようなっものがあったりしませんか? もし、こういったものがあるならば、あなたの骨盤内(子宮)の血流状態が悪[…]

[» 続きを見る]

東洋医学関連番組

本日19時より名古屋テレビ(テレビ朝日系列)にて林修の今でしょ講座「医者に聞きにくい病気・薬の疑問を解消!!3時間SP」が放送されます。 この番組では割と漢方薬についても紹介されている番組で、今回は最強の漢方薬が4つ紹介[…]

[» 続きを見る]

顔面神経麻痺について

【顔面神経とは?】 脳から出入りする左右12対ある末梢神経のうちの1つである、第7神経。 顔面神経は感覚、運動、副交感神経を司っています。 そのため、顔面神経には顔面の筋肉を動かす、顔の感覚、唾液を分泌するなどの働きがあ[…]

[» 続きを見る]

アトピー性皮膚炎に照海穴

30代女性。 幼少期よりアトピー性皮膚炎があったが、高校生の時に毎日のように菓子パンを食べていたら症状悪化。 以後、ステロイド軟膏を使用し症状を和らげていたが、今年の春から仕事の関係上、パンをよく食べるようになり再度症状[…]

[» 続きを見る]

ツボの左右差

ツボというのは身体の正面と背面のど真ん中を貫いている経絡(気の流れ道)以外は左右対称にツボが存在しています。 左右対称にツボがあるため両方に鍼を刺したり押したりしますが、最近はツボの左右差というのを意識して治療を行ってい[…]

[» 続きを見る]