ニュースで取り上げられている診療報酬の不正受給問題ですが、これは医師だけではなく、鍼灸院や整骨院でも行なわれている問題がある。
なぜこのようなことをするのかというと1つの問題として「経営を安定させたい」という気持ちがあるからです。

今や整骨院に関してはコンビニの倍以上の数があると言われています。
これだけ数があれば患者さんは分散してしまう可能性があり、集客できないため実際の治療回数よりも多く申請したり、中には親戚や友人に健康保険を借りて、治療に来てもいないのに治療したことにして保険組合に申請することもあります。
※実際に患者さんの知り合いが開業した時に保険証を貸して欲しいと言われたことがあるそうです。

また、鍼灸院や整骨院にはそれぞれ「保険適応疾患」というものがあるが、本来なら保険が使えない疾患も保険適応にしていることがあります。

では鍼灸院や整骨院の保険適応疾患とは?
【鍼灸院の場合】
①頸腕症候群(首から腕にかけての痛みや痺れ)
②頚椎捻挫(鞭打ち)
③五十肩
④神経痛(坐骨神経痛や三叉神経痛など)
⑤腰痛
⑥リウマチ

【整骨院の場合】
①骨折
②脱臼
③打撲
④捻挫
⑤肉離れ

上記のようになります。
お気づきの方もいるかと思いますが、整骨院では肩こりや腰痛というのは保険は使用できないのです。
皆さんが通われているところは正しく保険を使用されていますか?
健康保険を使用した場合、数ヵ月後に受信者、医療機関名、診療区分(科等)、診療月、受診日などが記載された通知書が届くため確認してみてください。

Share
---------------------------------------------------------------------
名古屋市中川区の蓬祥鍼灸院は薬に頼りたくない方や病院で良くならない方に
対して東洋医学の面から治療を行う鍼灸院です。
〒454-0911
愛知県名古屋市中川区高畑1-89 グリーンハイツ高畑1F
TEL 052-355-6866
友だち追加
---------------------------------------------------------------------