診療報酬の不正受給問題

ニュースで取り上げられている診療報酬の不正受給問題ですが、これは医師だけではなく、鍼灸院や整骨院でも行なわれている問題がある。
なぜこのようなことをするのかというと1つの問題として「経営を安定させたい」という気持ちがあるからです。

今や整骨院に関してはコンビニの倍以上の数があると言われています。
これだけ数があれば患者さんは分散してしまう可能性があり、集客できないため実際の治療回数よりも多く申請したり、中には親戚や友人に健康保険を借りて、治療に来てもいないのに治療したことにして保険組合に申請することもあります。
※実際に患者さんの知り合いが開業した時に保険証を貸して欲しいと言われたことがあるそうです。

また、鍼灸院や整骨院にはそれぞれ「保険適応疾患」というものがあるが、本来なら保険が使えない疾患も保険適応にしていることがあります。

では鍼灸院や整骨院の保険適応疾患とは?
【鍼灸院の場合】
①頸腕症候群(首から腕にかけての痛みや痺れ)
②頚椎捻挫(鞭打ち)
③五十肩
④神経痛(坐骨神経痛や三叉神経痛など)
⑤腰痛
⑥リウマチ

【整骨院の場合】
①骨折
②脱臼
③打撲
④捻挫
⑤肉離れ

上記のようになります。
お気づきの方もいるかと思いますが、整骨院では肩こりや腰痛というのは保険は使用できないのです。
皆さんが通われているところは正しく保険を使用されていますか?
健康保険を使用した場合、数ヵ月後に受信者、医療機関名、診療区分(科等)、診療月、受診日などが記載された通知書が届くため確認してみてください。

Share

関連記事

漢方薬のご相談先を紹介いたします

こんにちは。 名古屋の体質改善請負人こと、鍼灸師の長谷川です。 当院の患者様でも時々病院で漢方薬を処方されている方がいらっしゃいます。 しかし、その漢方薬は本当に正しい処方がされているかどうかは疑問があります。 そこで、[…]

[» 続きを見る]

心と身体

心と身体は切っても切り離せない関係です。 今までにもうつ病の方やパニック障害など心の病を抱えている方の治療に当たる機会がありましたが、治療をしていると本当にそう感じています。 一般的には心の病を抱えている方は心療内科や精[…]

[» 続きを見る]

不妊治療の気になるペース

コンテンツ1 不妊治療に鍼灸を取り入れる場合、どのくらいのペースで通う必要があるの?1.1 原因不明の不妊の場合1.2 不妊の原因となる基礎疾患がある場合※多嚢胞、無排卵、黄体機能不全など1.3 40代の方2 まとめ 不[…]

[» 続きを見る]

女性アスリートと月経②

前回は疲労骨折の原因として「無月経」があるという話でしたが、まずは女性アスリートが無月経になる順序からいきましょう。 無月経ということは毎月来るはずの生理が来ないことになります。 結論から言いますと エストロゲンという女[…]

[» 続きを見る]

paypayに対応しました

11月からpaypayでのお支払いが可能となりました。 ひとまず来年の6月までは継続していきますが、6月以降は継続するかは未定となります。 また、鍼灸院をはじめとする医療機関は消費税ポイント還元の対象外となるため、2%ま[…]

[» 続きを見る]