脊柱管狭窄症 64歳 女性

3年ほど前に腰部脊柱管狭窄症と診断され、まだオペをするほどではなかったためしばらく様子を見ることになったが、3ヶ月ほど前から間欠性跛行のため100mほどしか歩行できない状態になる。
友人の勧めで整体に行き、さらに痛みが悪化したため当院に来院。

MRIなどの検査は医師による診断が下ってからは一度も行っていない。
患者さんの希望としては極力オペは行いたくないということでしたが、3回ほど治療して改善が見られない場合は病院を受診していただくことを約束し治療を始める。

舌診:淡暗色、舌下静脈の怒張あり。

脈:緊脈、左尺脈無力

腹診:全体に冷えが強い

弁証:気滞血オ、腎陽虚

治療
まずは痛みの治療を優先し、合谷・三陰交を使用。
治療後に舌下静脈の怒張が取れ、痛みはほぼ消失。

1週間後に来院された際、治療を受けた翌日に外に出かけたが、足の痛みなく長時間歩行ができるようになっていた。
その後は腎ユや太ケイなどを使用し、腎陽虚に対する治療を追加して行う。
現在は少し間隔を空けながら治療を継続していますが、痛みなく生活できるまで回復されています。

Share
---------------------------------------------------------------------
名古屋市中川区の蓬祥鍼灸院は不妊症、子宮内膜症、更年期障害などの婦人科
疾患を専門に治療を行う鍼灸院です。
〒454-0911
愛知県名古屋市中川区高畑1-89 グリーンハイツ高畑1F
TEL 052-355-6866
---------------------------------------------------------------------