これぞ異病同治

5cceec5da80e1dfb5b9a9f03e9a259e2_s

異病同治とは・・・
「異なった病気でも、病気の原因が同じであれば治療法も同じ」という東洋医学独特の考え方になります。

①冷え性を訴える女性
②眼精疲労を訴える男性
③花粉症の女性

3名ともツボを探っていくと臍の斜め下にある「大巨」というツボに反応が見られたため鍼を打つと、冷え性の方は足が温もる。

眼精疲労の方は目がスッキリし、目周囲のツボの圧痛は消失または軽減。

花粉症の方は鼻がグズグズだったが10分程で鼻水が止まる。

それぞれ別々のお悩みでしたが同じツボで症状は改善したため、これが異病同治となります。
一本の鍼でも身体は変わるため、やはり鍼は面白い!

Share

関連記事

毎年春先に起きるパニック障害の症例

コンテンツ1 30代 女性 パニック障害2 弁証および治療について3 考察 30代 女性 パニック障害 【現病歴と既往歴】 5年前に結婚したことによる引越しと新しい会社に就職したことがきっかけで、引っ越し後2週間でパニッ[…]

[» 続きを見る]

便秘の症例

20代 女性 就職を期に一人暮らしをはじめた途端に便秘になる。 仕事のストレスもあったが、それ以上に自宅のユニットバスに抵抗があり、トイレは我慢してコンビニや職場でするようになる。 就職するまでは毎日出ていたが、旅行など[…]

[» 続きを見る]

PMSの症状が生理後の方が酷くなる理由

コンテンツ1 PMSの症状が生理後の方が酷くなる理由2 血虚と生理後のPMSの関係とは?3 セルフケア PMSの症状が生理後の方が酷くなる理由 多くの方のPMSによる症状は「生理前」に起きるが、中には生理後もイライラや気[…]

[» 続きを見る]

薬に頼らないためには

こんにちは。 名古屋の蓬祥鍼灸院 長谷川です。 皆さんは体の不調があった時はすぐに薬を服用されますか? 私は鍼灸師であるため、今はまず薬は飲まなくなりましたが、昔は何かあればすぐに薬、すぐに病院へ行っていました。 しかし[…]

[» 続きを見る]

2019年 花粉情報

今さらではありますが、明けましておめでとうございます。 本年もよろしくお願い致します。 さて、毎年恒例となっておりますが、2019年の花粉情報になります。 今年の花粉は昨年の猛暑の影響もあり大量飛散と予報されております。[…]

[» 続きを見る]