呼吸器の問題=肺ではない

呼吸や呼吸器系に問題が起きると「肺」に問題があると考えるのが普通でしょう。
しかし、東洋医学では呼吸器系の問題=肺の問題とは考えません。

確かに肺の問題であることは多々あるが、そこは東洋医学の不思議な部分でもあり、まったく呼吸とは関係なさそうな臓器の異常で呼吸器に異常が出てくることがあります。

呼吸というのは「息を吸う」、「息を吐く」ことですが、東洋医学では肺はどちらにも関与しているが、どちらかといえば「呼気」の方に関与しており、「吸気」に非常に関与しているのが「腎」になります。
腎には「納気」という働きがあり、「気を納める」、つまり空気を納めるということなので腎がしっかりとしていると肺への酸素の出入りが円滑になり、しっかりとした呼吸が可能になります。
そのため、腎が弱ると呼吸が浅くなり、深く息を吸い込むことができなくなるため、喘息などの呼吸器系の問題も肺だけではなく、腎の弱りも関与していることがあります。

Share

関連記事

浮腫み(むくみ)について②

肺が病むと浮腫みの原因になることがある。 肺は呼吸器だが、東洋医学では水分代謝と非常に関係の深い臓器の1つ。 肺と水分代謝の関係は主に以下の3つ ①皮膚に潤いを与える ②大腸に水分を送る ③排尿作用の促進 肺が悪くなると[…]

[» 続きを見る]

治療と同じぐらい大切なこと

体の不調があればまずは病院で検査をし、薬での治療が第一選択となり、それでも良くならなければ他の治療法を探す。 これが今の時代の流れになっている。 しかし、治療と同じぐらい大切なことがある。 それが「養生」というもの。 養[…]

[» 続きを見る]

東洋医学の診察法~舌診~

東洋医学では問診以外に、脈診や舌診・腹診など独特の診察法があります。 その中で今回は舌診についてのご紹介です! 舌診とはその名の通り「舌」を「診る」わけですが、まず大切なのが健康な人の舌がどのような状態かを知っておかなけ[…]

[» 続きを見る]

貧乏ゆすりの効果

はぁ?っという感じのタイトルですが、まじめな話です。 世間一般では貧乏ゆすりは行儀が悪い行為になりますが、意外とこの貧乏ゆすりの効果は侮れません。 貧乏ゆすりは足を小刻みに動かすため、足の筋肉を使うことになります。 その[…]

[» 続きを見る]

筋トレでうつ病予防

年々増え続けるうつ病の患者数ですが、平成23年では約95万人だったのが、平成26年には110万人に増加しています。 まず始めにうつ病は時間がかかることが多いですが、しっかりと治療をすれば治る病気です。 しかし、もっと大切[…]

[» 続きを見る]