五十肩の症例

50代 女性。

半年ほど前から右肩の後ろに痛みがあり、整形外科を受診すると五十肩と診断。
リハビリ室でマッサージを受けると痛みが増したため、以後は整形外科の受診をやめ、痛みに耐える日々を送る。

痛みは日中よりも夜の方があり、痛みで目が覚めてしまうこともある。
入浴すると痛みは多少は楽になる。

肝腎陰虚と瘀血と考え、左大巨(下腹部)と左足臨泣(足の甲の小指辺り)に20分置鍼。
治療後痛みはまだあるもののしっかりと上がるようになる。

以後、同処置を行い5回で終了。

五十肩という肩の傷みを下腹部と足のツボだけで改善できた症例です。

Share

関連記事

もうすぐ確定申告&医療費控除申請の日です

もうすぐ我々、個人事業主にとっては面倒な確定申告の季節がやってきます。 また、患者様方にとっても医療費控除申請の季節でもあります。 確定申告といっても私の場合は専用のソフトを使用しているため、必要な情報を毎日入力していれ[…]

[» 続きを見る]

妊娠しやすい体の作り方【結論:規則正しく生活し健康になること】

そろそろ子供が欲しい、または妊娠しやすい体に体質改善したいと考えていませんか? 妊娠しやすい体を作るために自分でできることって実はたくさんあり、すべて今日から実践することができるものばかりです。 また、本記事では自然妊娠[…]

[» 続きを見る]

何の治療が得意ですか?

こんにちは。蓬祥鍼灸院の長谷川です。 ここ数年で増えてきているのが「○○治療専門」という鍼灸院。 比較的多いのが、不妊専門になり、次いでめまいや耳鳴り専門と出ている鍼灸院になりますが、やはり圧倒的に不妊専門を打ち出してい[…]

[» 続きを見る]

抗生物質の副作用による手湿疹

薬の副作用って真剣に考えたことはありますか? あまり深く考えずにポンポンと飲んでしまう方もいるのではないでしょうか? 抗生物質の副作用でこんな症状が出る方もいるようです。 それが「カンジタ」。 カンジタと言えば性感染症の[…]

[» 続きを見る]

肺が悪いと尿の出が悪くなる?

肺と膀胱は解剖学的にはまったく関係性を持っていない臓器になりますが、東洋医学的にはとても関係のある臓器になります。 膀胱は尿の貯蓄と排泄を行なうため水分代謝に関わっている臓器になりますが、実は肺も水分代謝に関わっています[…]

[» 続きを見る]