五十肩の症例

50代 女性。

半年ほど前から右肩の後ろに痛みがあり、整形外科を受診すると五十肩と診断。
リハビリ室でマッサージを受けると痛みが増したため、以後は整形外科の受診をやめ、痛みに耐える日々を送る。

痛みは日中よりも夜の方があり、痛みで目が覚めてしまうこともある。
入浴すると痛みは多少は楽になる。

肝腎陰虚と瘀血と考え、左大巨(下腹部)と左足臨泣(足の甲の小指辺り)に20分置鍼。
治療後痛みはまだあるもののしっかりと上がるようになる。

以後、同処置を行い5回で終了。

五十肩という肩の傷みを下腹部と足のツボだけで改善できた症例です。

Share

関連記事

女性アスリートと月経③

女性アスリートと月経第3弾。 第1弾は「無月経が疲労骨折を招く」。 第2弾は「女性ホルモン(エストロゲン)の不足が無月経を招く」。 今回は女性ホルモンが不足するとなぜ無月経になり、疲労骨折を招くのか? まず女性ホルモンで[…]

[» 続きを見る]

激しい生理痛の正体は子宮内膜症かも?

こんにちは。 蓬祥鍼灸院の長谷川です。 女性の方に毎月起こる生理ですが、皆さんは生理痛はどの程度の痛みがありますが? もちろん、全く痛みがないというのが理想ではありますが、中には毎回激痛に悩まされており薬を飲んでも痛みが[…]

[» 続きを見る]

貧乏ゆすりの効果

はぁ?っという感じのタイトルですが、まじめな話です。 世間一般では貧乏ゆすりは行儀が悪い行為になりますが、意外とこの貧乏ゆすりの効果は侮れません。 貧乏ゆすりは足を小刻みに動かすため、足の筋肉を使うことになります。 その[…]

[» 続きを見る]

美容鍼について

こんにちは。 名古屋の蓬祥鍼灸院、長谷川です。 新年に入って当院では美容鍼を希望される方からのご予約やお問い合わせが増えておりますが、皆さんは毎週土曜日23:00~日本テレビ系列にて放送されている「マツコ会議」という番組[…]

[» 続きを見る]

年の瀬に嬉しいご報告

2017年ももうすぐ終わりが近づいておりますが、妊娠報告を頂きました。 当初は子宮内膜症、多嚢胞卵巣症候群(PCOS)、黄体機能不全など様々な不妊の原因を持たれており、基礎体温はガタガタで高温期も短かったため、ルトラール[…]

[» 続きを見る]