妊娠報告

daedec44f9adb45aa5f70e0598a8d3c6_s

昨年の7月から不妊治療でお越しの40歳女性。
この度、自然妊娠の報告をいただきました。

約7ヶ月にわたり、週1回の治療を継続されお灸も毎日行なっていただけていました。

治療は補腎のために太ケイや照海を使用し、月経期には三陰交で瘀血の処置を行なったところ、太ケイの左右差がなくなってきたところで妊娠発覚。
やはり、ツボの左右のバランスを整えることが重要なのでしょう。

現在、妊娠6週ですが順調に育ってくれることを願います。

Share

関連記事

春の花粉症

今年もあと少しで終わります。 会社などでもそろそろ忘年会が行なわれているころでしょうか? 以前は秋の花粉症に関して書きましたが、今回は春の花粉症に関してです。 秋の花粉症に関してはこちら。 今や現代病ともいえる花粉症です[…]

[» 続きを見る]

鍼灸治療と薬の服用

何かしらの薬を服用している患者さんからのよくある質問として、「薬の服用は今後どうすればよいか?」というのがあります。 回答としては・・・ 「医師と相談の上、状態をみて減薬して下さい。」となります。 これは薬に関しては鍼灸[…]

[» 続きを見る]

花粉症にパイオネックス

今年は花粉症の方の治療が例年に比べて多いのですが、今年は体の治療に加えて新しい治療方法を加えております。 それが、パイオネックスというシールタイプの鍼を使用した補助療法です。 シールタイプの鍼はこちらになります。 真ん中[…]

[» 続きを見る]

気の流れが悪い「気滞体質」

気は体の中を自由に滞りなく流れているのが正常な状態になりますが、ストレスや心配事により気の流れが悪くなった状態。 ストレスというと主に人間関係と思いがちですが、不快な音や匂い、またデスクワークによる同じ姿勢を長時間強いら[…]

[» 続きを見る]

あなたはどのタイプ?冷え性のタイプとセルフケア

コンテンツ1 冷え性とはどんな状態?2 冷え性のタイプ2.1 手足末端型2.2 内蔵型2.3 下半身型または冷えのぼせ型3 こんな手足の冷えは要注意!4 冷えを改善するためのセルフケア4.1 運動をすること4.2 冷たい[…]

[» 続きを見る]