当院では肩こりや五十肩などの場合でも患部である肩周辺には鍼を刺していません。
ではどうやって治療をするかと言うと、五十肩は東洋医学では下半身の弱りと関係があり、この下半身の弱りを改善していくため、五十肩は「身体の上下のバランスの乱れ」とも言えます。

下が弱るために相対的に上が強くなり、肩に痛みが出るということ。

具体的には下半身の弱りと言うのは「腎」という部分を指します。
この腎は誰でも年齢を重ねれば弱ってくる場所でもあり、五十肩が起きてくる年齢ぐらいに弱りが出てきやすいのです。
そのため、東洋医学ではこの腎の力を補ってあげれば不思議なことに肩の痛みが治まってきます。
実際の治療ではお腹や膝周辺、足首の辺り、腰にあるツボなどから1番弱っているツボを選んで鍼を刺していきます。

Share
---------------------------------------------------------------------
名古屋市中川区の蓬祥鍼灸院は薬に頼りたくない方や病院で良くならない方に
対して東洋医学の面から治療を行う鍼灸院です。
〒454-0911
愛知県名古屋市中川区高畑1-89 グリーンハイツ高畑1F
TEL 052-355-6866
友だち追加
---------------------------------------------------------------------