浮腫み(むくみ)について③

脾とは東洋医学では胃腸系全般のことになります。
この脾と言う部分は食べ物から「気・血・水」を作り出す場所でもあるが、作るだけではなくこれらを全身へ運搬する働きもある。
つまり胃腸が弱っていたり、自覚がなくても胃腸が疲れていれば身体の中で水の流れが悪くなる。
そのため、脾が不調になれば浮腫みが生じてくる。

妊婦さんの足の浮腫みは意外とこの脾の不調から起きていることが多く感じる。
この理由はまた次回・・・

Share

関連記事

不眠症の症例

不眠症を訴える方は以外にも多く、寝つきが悪い、中途覚醒、早朝覚醒などあるが、鍼灸治療では割と簡単に改善するケースが多いことはあまり知られてはいないかもしれない。 ただし、日勤や夜勤などがあり生活習慣が不規則な場合は簡単に[…]

[» 続きを見る]

便秘薬に頼りすぎないで下さい

便秘でお悩みの女性も意外と多くいらっしゃいます。 便秘の薬と言えば昔からのCMでおなじみの「便秘薬にはコー○ック」ですが、飲んでいる方はいらっしゃるでしょうか? もし飲んでいる方がいましたら、すぐに止めるようにしましょう[…]

[» 続きを見る]

病院で血圧を測ると高いのはなぜ?

普段血圧を測ると特に問題はないが、病院で医師や看護師の方に血圧を測定してもらうと普段よりも高くなる。 こんな経験はありませんか? これは特に病的なものではないのでご安心を。 このような場合を「白衣性高血圧」と言います。 […]

[» 続きを見る]

舌苔(ぜったい)について

名古屋の体質改善請負人こと、鍼灸師の長谷川です。 先日、TBS系列で放送されていた「この差ってなんですか?」をご覧になった方はいらっしゃるでしょうか? この番組で東洋医学の診察法である「舌診」というものが紹介されていまし[…]

[» 続きを見る]

うつ病克服

先日、うつ病で来院されていた30代女性の患者様がうつ病を克服しご卒業されました。 治療期間は5ヶ月。 最終日は初回の時とは見違える程にとても良い表情をされており、あのまま病院で治療を続けていたらどうなっていたかも分からな[…]

[» 続きを見る]