浮腫み(むくみ)について②

dbe0cb4db49532e10872eca32c5f65d3_s

肺が病むと浮腫みの原因になることがある。
肺は呼吸器だが、東洋医学では水分代謝と非常に関係の深い臓器の1つ。

肺と水分代謝の関係は主に以下の3つ
①皮膚に潤いを与える
②大腸に水分を送る
③排尿作用の促進

肺が悪くなると尿の出が悪くなるということになり、結果的に浮腫みを起す原因となる。

これは缶詰の水切りでイメージしてください。
※条件
①缶切りで開けるタイプ
②ザルは使わない

まず、水を切るために一箇所に穴を開けます。最初は水が勢いよく出ますが途中から出が悪くなります。
そこで、反対側にもう一箇所穴を開けて水を切ると、しっかりと水が切れるようになります。
これはもう一箇所に穴を開けることにより、空気の通り道を確保され水の出が良くなるのですが、これを人体で考えてみるとこのようになります。

水を出すための穴:腎、膀胱、尿道
空気の通り道のための穴:肺

「肺は水の上源」
水の流れは自然界では重力の関係上、上から下へ流れるが人体においては肺の力が水が上から下へ流れるのをサポートしている。
このように一見関係なさそうな臓器の不調が意外な原因となっていることが東洋医学では多々存在している。

Share

関連記事

仕事納め

2015年の診療は本日の午前を持って終了となります。 今年は精神疾患や妊婦さんの浮腫み、後半は耳鳴りや難聴などを診させていただく機会が多かったかな?っと感じます。 また、中学生や高校生などの若い年代の方の治療も開院してか[…]

[» 続きを見る]

刺絡の効果

鍼治療といえば髪の毛ほどの細さの鍼をツボに刺す治療のことになるが、実はこれ以外にも少し特殊な治療法が存在します。 それが「刺絡」という治療法。 刺絡とは指先や皮下にある毛細血管に特殊な鍼を刺し、瘀血(おけつ)と呼ばれる悪[…]

[» 続きを見る]

治療をお断りさせていただく例

以前ですが、このようなお問い合わせがありました。 「○○という病気なんですが、この病気がお灸で治ったという方のブログを見たので、お灸だけで治療をして欲しいのですが。」 このようなお問い合わせが合った場合、なぜ断ることにな[…]

[» 続きを見る]

産後うつ①

東京ではこの10年間で自殺で亡くなった妊産婦の方が63名もいたことが調査の結果判明した。 この63名は ・妊婦:23名 ・出産後1年未満:40名 このうち、出産後1年未満の方の6割がうつ病や統合失調症などの精神疾患に罹っ[…]

[» 続きを見る]

東洋医学において大切なこと

東洋医学で大切なことは 「一人ひとりの体質を考えること!」 東洋医学といえば鍼灸治療や漢方薬になりますが、最近では病院でも漢方薬を処方してもらうこともできますし、ドラッグストアでも購入することができます。 しかし、病院で[…]

[» 続きを見る]