浮腫み(むくみ)について

a0002_008684

浮腫みとは全身を流れている血液中の水分が、何らかの原因によって全身あるいは身体のある部分に留まってしまうもの。
問診表のチェック項目にもよくチェックが入っていたりします。

最も多いであろう浮腫みの原因は下肢の筋力不足や運動不足。

「足は第2の心臓」とも言われ、足の筋肉の収縮(ポンプ作用)によって足の血液が心臓に戻るが、立ち仕事や座りっぱなし、運動嫌いなどでこのポンプ作用が上手く使われないと浮腫みが生じやすくなる。

また、浮腫みが生じやすいのが妊婦さん。
妊婦さんの場合、産婦人科では利尿作用のある漢方薬が処方されることが多いのですが、やはり効果がない方も多い。
なぜ効果がないかというと、使い方を間違えているからです。

浮腫みとは体の中に余分な水分が溜まっている為に起きるものですが、だからといって利尿作用のある漢方薬を服用しても意味がない。
問題はなぜ身体の中に水分が溜まっているのか?なぜ、水分代謝が悪くなったのか?を考えなければいけません。

東洋医学では浮腫みを引き起こす臓器は主に肺・脾・腎の不調となります。
続きは次回・・・

Share

関連記事

刺絡の効果②

定期的に来院される50代女性。 足がパンパンに張って痛みとダルさを訴えられていた。 足を診ると大腿部に細絡を確認。 右脚は胃経の梁丘(りょうきゅう)付近、左足は脾経の血海付近 左右の大腿部に刺絡を行なうと赤黒い血液が放出[…]

[» 続きを見る]

腰痛の方がやってはいけない腹筋トレーニング

腰痛の方がよく言われるフレーズが「腹筋を鍛えてください」という一言になります。 まず、腰痛の方がなぜ腹筋を鍛えなければいけないのかというと、腹筋というのは何もしなければすぐに筋肉は落ちてしまい、腹筋と背筋のバランスが崩れ[…]

[» 続きを見る]

子宮内膜症ってどんな病気?治療法は?【鍼灸治療の効果について】

こんにちは。 蓬祥鍼灸院の長谷川です。 非常に多くの女性の悩みとなっている生理痛ですが、自分では気が付かないうちに子宮内膜症という病気を発症している方も多々いらっしゃいます。 痛みに強い方の場合は「これぐらいの痛みは普通[…]

[» 続きを見る]

アトピー性皮膚炎の症例

40代女性 幼少期よりアトピー性皮膚炎で常にステロイドを使用してきた。 30歳から5~6年ほど光線療法と鍼で改善するも時々はステロイドを使用。 その後も再発を繰り返していたため、中国から来日されていた漢方医に処方してもら[…]

[» 続きを見る]

ストレス体質による花粉症

花粉症の方で最も多いストレスタイプ。 東洋医学では「肝」という部分の問題で起きてくる花粉症となります。 東洋医学では「季節と内臓の関係性」というものがあり、花粉症の多くの方は春に症状を訴えますが、「春と関係のある臓器が肝[…]

[» 続きを見る]