浮腫み(むくみ)について

a0002_008684

浮腫みとは全身を流れている血液中の水分が、何らかの原因によって全身あるいは身体のある部分に留まってしまうもの。
問診表のチェック項目にもよくチェックが入っていたりします。

最も多いであろう浮腫みの原因は下肢の筋力不足や運動不足。

「足は第2の心臓」とも言われ、足の筋肉の収縮(ポンプ作用)によって足の血液が心臓に戻るが、立ち仕事や座りっぱなし、運動嫌いなどでこのポンプ作用が上手く使われないと浮腫みが生じやすくなる。

また、浮腫みが生じやすいのが妊婦さん。
妊婦さんの場合、産婦人科では利尿作用のある漢方薬が処方されることが多いのですが、やはり効果がない方も多い。
なぜ効果がないかというと、使い方を間違えているからです。

浮腫みとは体の中に余分な水分が溜まっている為に起きるものですが、だからといって利尿作用のある漢方薬を服用しても意味がない。
問題はなぜ身体の中に水分が溜まっているのか?なぜ、水分代謝が悪くなったのか?を考えなければいけません。

東洋医学では浮腫みを引き起こす臓器は主に肺・脾・腎の不調となります。
続きは次回・・・

Share

関連記事

今度は秋バテ

こんにちは。 名古屋の鍼灸師・長谷川です。 最近テレビで「秋バテ」という言葉を聞きました。 「○○バテ」と言えば「夏バテ」という言葉しか以前は聞きませんでしたが、数年前から「春バテ」という言葉が誕生し、今年から「秋バテ」[…]

[» 続きを見る]

つわりの意外な事実?

妊娠時のつわりに関しての意外な事実が判明? 妊娠初期に起きやすい「つわり」ですが、酷い方では出産するまでつわりがあり、食事がほとんど取れない方もいます。 当院にもつわりの影響で10㌔体重が落ちたという方が来院されたことが[…]

[» 続きを見る]

先生は何歳ですか?

最近、新規の患者さんによく聞かれます。 特に年上の方には比較的若く見られるようですがこう見えて34歳です。 年齢を気にされるのにはやはり理由があると思いますが、その一番の理由は「年齢と経験年数」ということだと思います。 […]

[» 続きを見る]

現代社会における鍼灸治療の位置づけ

現代社会においては病気の治療=病院(西洋医学)となっていますが、やはり現代社会においては致しかたないことではあります。 多くの方は鍼灸治療が様々な病気の治療が可能だということを知らないはずです。 また、多くの鍼灸師は肩こ[…]

[» 続きを見る]

どうして右手だけ打つのか?

治療中に時々ですが、「どうして右手にだけ打つんですか?」というご質問を頂きます。 ツボは体のお腹側と背中側の真ん中以外は左右対称に存在します。 一般的な鍼治療を行っている鍼灸院ではこの左右のツボに鍼を刺しますが、当院では[…]

[» 続きを見る]